無料ブログはココログ

2017年11月22日 (水)

【満員御礼】12/23はこじま施術院で薬用酒試飲WS

年内最後のワークショップは当院で薬用酒の試飲会!
身近な食べ物・野草で作る「常備薬」「健康飲料」の知識を広げてみませんか?
と、あまり肩肘張らずに、気楽に忘年会代わりにご参加頂ければ幸いです
※12/1の時点で定員4名となりましたので、受付け終了とさせて頂きます
Dscf0915

先ずはチラシを良~くお読み下さい
「2017.12.23 WRdrink-WS-1.pdf」をダウンロード

club

開催日時 12月23日(土曜日)午前11時~12時半
開催場所 こじまカイロ施術院(中京区夷川西洞院下ル こじまカイロで検索を)
参加費  2,000円
持参物  特に有りませんが、お好みの「おつまみ」などご持参頂けると助かります)
※空腹で酔い過ぎないように、お水やお茶、多少のアテは当方にてご用意致します
注意点 薬用酒とは言え、アルコールの試飲会ですので、飲み過ぎにだけはご注意ください

試飲予定の薬用酒 梅、ビワ、スギナ、ヨモギ、十薬、松葉、黒ゴマ、黒大豆、ミント、ラベンダー、オオバコ、生姜、柿、唐辛子、エゾウコギ、サルノコシカケ
その他に自然療法の知識で作った調味料・食品の試食なども多数予定しております

club

【ワークショップへの参加登録方法】

皆さんからメールを送信して頂き、当方からの返信メールが皆さんの所へ届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、下記の登録手順に従ってご登録ください

メールのタイトルを
「●●より 12月23日 薬用酒試飲WS 参加希望」として送信して下さい
※〇〇は皆さんのお名前を入れて下さい!
メールはこちらへ
メールの本文には
お名前(複数の場合は全員の名前)、ご住所、イベント当日に連絡が可能な携帯の電話番号&メールアドレスをお知らせ下さい
dangerもし皆さんがメールを送信されて3日過ぎても当方から返信が無い場合は、必ずお電話でご確認下さい
(メールが届かない&受信できない原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いのでメール受信の設定を解除などしてみて下さい)
電話番号はチラシに記載しています(または、こじまカイロのHPをご覧ください)
spade

以上です
沢山の方に拡散宣伝をして頂けると助かります
忘年会がてら、イベントへの参加のご検討よろしくお願い致しますhappy01

2017年11月21日 (火)

12/16&17は出町うさぎで大豆づくしWS【12/16&17共に満員御礼】

※11/26時点で12/16開催分が、定員6名となりました
好評より、翌日の12/17(日)にも開催する事にしましたが、11/29付でこちらも募集定員に達しました!
キャンセルが出た場合のみ、追加募集をかけたいと思います
12/23の「薬草酒の試飲大会」の方のご参加&拡散宣伝を宜しくお願いします<(_ _)>

久しぶりのワークショップ告知です
大豆の加工品「納豆・白みそ・豆乳」を作るワークショップを開催します
Img_0084
オマケで豆乳作りの際にでた「おから」で温石をするお手当ても体験して頂きます
Img_4735

先ずはチラシで詳細をじっくりとご確認ください
「2017.12.16daizu-WS-1.pdf」をダウンロード

club

開催日時 12月16日(土)&17日(日) 10時半~13時
開催場所 出町うさぎ(出町柳駅より東へ徒歩1分・鳥貴族前)
参加費   お一人3,500円
定員    6名  (※11/29時点で共に定員に達しております)
持参物  タッパ(オカラ用)、500mlペットボトル(豆乳用)、手提げ袋(納豆製造箱と白みそのタッパ持ち帰り用)、タオル2~3枚、筆記用具

その他 ワークショップ後に出町うさぎさんでランチを食べたい方は、お申し込み時にメールに「ランチ希望」と併記してお知らせ下さい
作業工程 納豆作り⇒白みそ作り⇒豆乳作り⇒お手当て
※余裕があれば、テンペや豆麹、豆乳ヨーグルト、豆腐作りのレクチャー&試食もします

club

【ワークショップへの参加登録方法】

皆さんがメールをして頂いた後、当方から返信メールが皆さんの所へ届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、下記の登録の手順に従って頂けるよう宜しくご協力下さい

メールのタイトルを
「●●より 12月16or17日 大豆WS 参加希望」として送信して下さい
※〇〇は皆さんのお名前ですよ~!
メールはこちらへ
メールの本文には
お名前(複数の場合は全員の名前)、ご住所、イベント当日に連絡が可能な携帯の電話番号&メールアドレスをお知らせ下さい
dangerもし皆さんがメールを送信されて3日過ぎても当方から返信が無い場合は、必ずお電話でご確認下さい
(メールが届かない&受信できない原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いのでメール受信の設定を解除などしてみて下さい)
電話番号はチラシに記載しています(または、こじまカイロのHPをご覧ください)
申込み期限は12月13日迄とさせて頂きます
spade

以上です
イベントへの参加のご検討&イベントの拡散宣伝を宜しくお願い致しますhappy01

2017年10月 6日 (金)

開催日変更!11/3こじまカイロ施術院DEビワ葉温灸体験(おまけでスラックライン体験)

※10/29は台風の影響で「稲刈り作業」を赤目自然農園で行う事に変更となりましたので当初予定していました「ビワ葉温灸体験」の日程を11/3に変更して開催する事にしました
10/29の稲刈り体験への参加者も募集中です!
変更に伴い、午後からも「セイタカアワタチソウ」採取から「スラックライン体験」に変更とさせて頂きます
以下、10/20付で内容を一部変更しておりますので、改めてご一読下さい

こんにゃく作りのワークショップの引き続いての
秋のワークショップ第2弾は・・・ビワ葉温灸体験!
Img_4768

ビワ葉温灸の煙が苦手、灰が落ちるから・・・と言う方に
小石を使った温石体験も併せてして頂きます!

また午後からは「スラックライン体験」をして頂きます
Dscf6444
5㎝幅の紐の上に乗るだけの単純な遊びです
(写真の私は座ってますが、基本は片足立ちをして頂きます)
単に立つだけの遊びですが体幹が鍛えられ、余計な思考が止まります
故に、心身の改善・リセットに非常に役立つ遊びですよ!
(こちらは任意参加で、参加される場合はプラス500円頂きます)
※雨天時は院にてチャイを飲みながらのお話会を開催します

club

先ずは、イベントチラシをプリントした内容を良くお読みください
※10/22付でチラシ内容を変更しております
「2017.11.3 お手当その1ビワ葉WS.pdf」をダウンロード

開催日  11月3日(金曜日・祝日) 午前11時~12時半
開催場所 こじまカイロ施術院 (地図はHPをご覧ください
参加費  1500円(スラックライン体験まで参加される場合は2千円)
持参物  ビワ葉持ち帰り用のビニール袋
      (生のビワ葉も沢山お持ち帰り頂く予定です)
定員   3~4名

行程  ビワ葉温灸体験60分⇒小石の温石体験30分 (WSはここまで)
     午後からの準備&ランチタイム(任意参加・90分)⇒スラックライン体験(60分)

club

【ワークショップへの参加登録方法】

当方から返信メールが皆さんの所へ届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、下記の登録の手順に従って頂けるよう宜しくご協力下さい

メールのタイトルを
「●●より 11月3日 ビワ葉温灸WS 参加希望」として送信して下さい
※〇〇は皆さんのお名前を入れて下さい!
メールはこちらへ
メールの本文には
お名前(複数の場合は全員の名前)、ご住所、イベント当日に連絡が可能な携帯の電話番号&メールアドレスをお知らせ下さい
※また午後からの「スラックライン体験」の参加を希望される方は、「スラックライン体験も参加希望」とメールに併記して下さい
dangerもし皆さんがメールを送信されて3日過ぎても当方から返信が無い場合は、必ずお電話でご確認下さい
(メールが届かない&受信できない原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いのでメール受信の設定を解除などしてみて下さい)
電話番号はチラシに記載しています(または、こじまカイロのHPをご覧ください)
spade

以上です
それでは、こちらのイベントへの参加のご検討も、よろしくお願い致しますhappy01

2017年10月 5日 (木)

10/27は出町うさぎDEこんにゃく作り&蒟蒻湿布(オマケでセイタカアワタチ草採取)

砂浴シーズンが終わりましたので
久しぶりに「自然療法系」のワークショップを開催します
(講演会開催は暫くする予定はございませんが、WSは今後も定期開催していく予定です)

復帰第1弾のワークショップは・・・・
好評企画の「こんにゃく作りとこんにゃく湿布体験」です
Dscf9411

また、野草の生育具合にもよりけりですが
タイミングが合えば高野川にて「セイタカアワタチ草」の採取をして、それを乾燥させて「薬草」にする指導もランチの後から開催したく思います
(こちらは任意参加で、参加される場合はプラス500円頂く形にします)
セイタカアワタチ草が開花してしまっている場合は、ヨモギ採取に変更します
(雨天時は午後からの野草採取は中止とします)

club

先ずは、イベントチラシをプリントした内容を良くお読みください
「2017.10.27konnyakuWS-usagi-1.pdf」をダウンロード

開催日  10月27日(金曜日) 午前10時~13時
開催場所 出町うさぎ (出町柳駅より東へ徒歩1分、鳥貴族前)
参加費  2500円(セイタカアワタチ草採取まで参加される場合は3千円)
持参物  タオル3枚、こんにゃく持ち帰り用のタッパかジップロック2つ
      ゴム手袋・ゴムへら・おろし金(もし無い場合は事前に申請して下さい)
定員   6名
      定員になり次第締め切ります(最終申込み締切日は10/25です)

行程  こんにゃく作り⇒こんにゃく湿布体験⇒こんにゃくの試食(ここまで3時間)
     ランチタイム(自由参加・1時間)⇒セイタカアワタチ草採取(1時間)

club

【ワークショップへの参加登録方法】

当方から返信メールが皆さんの所へ届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、下記の登録の手順に従って頂けるよう宜しくご協力下さい

メールのタイトルを
「●●より 10月27日 こんにゃくWS 参加希望」として送信して下さい
※〇〇は皆さんのお名前を入れて下さい!
メールはこちらへ
メールの本文には
お名前(複数の場合は全員の名前)、ご住所、イベント当日に連絡が可能な携帯の電話番号&メールアドレスをお知らせ下さい

※ワークショップ後に会場の出町うさぎさんにてランチを食べる予定の方は、WS申込みのメール連絡時に「ランチ希望」とご記載下さい

※また午後からの「セイタカアワタチ草採取」の参加を希望される方は、同様にWS申込み時のメールに「アワタチ草採取も参加希望」とご記載下さい
dangerもし皆さんがメールを送信されて3日過ぎても当方から返信が無い場合は、必ずお電話でご確認下さい
(メールが届かない&受信できない原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いのでメール受信の設定を解除などしてみて下さい)
電話番号はチラシに記載しています(または、こじまカイロのHPをご覧ください)

spade

以上です
それでは、参加のご検討、よろしくお願い致しますhappy01

2017年9月12日 (火)

砂ふん♪の在庫の紹介

砂浴の季節が終わろうとしておりますので・・・
秋からは砂グッズで砂浴の代わりになれば幸いです

と言う事で、あまりご紹介する事がない「砂ふん♪」の当院の在庫をご紹介します
先ずは、チラシをご覧ください
「1.pdf」をダウンロード

Dscf0574_2
全て1点ものの手作りで
ふんどし部分は2重ガーゼより表裏で柄が違います
特に男女用の区別はありませんので、どなたでもご利用いただけます
(こちらのマネキン見本が履いているものも販売していますよ)

「砂枕セット」と同様に、こちらの「砂ふん♪」も来院せずに「通販」形式でご購入頂けます
購入をご希望される場合は、当院のメールにてお問い合わせください

在庫その1(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)
Dscf0569_3

在庫その2
Dscf0570_2

在庫その3
Dscf0571

在庫その4
Dscf0572

在庫その5
Dscf0573

以上です
ご来院頂ければ、直接手にとって選んで頂けますよ!
(地方の方は、この写真を参考に欲しい「砂ふん♪」を選んで下さいね!

2017年8月 9日 (水)

2017/8/26(土)&9/9(土)琵琶湖和邇 砂浴参加者の募集

今シーズン4回目&5回目の琵琶湖での砂浴体験会のお知らせです!
琵琶湖での開催は残りこの2回のみですよ~happy02

※9月9日分の申込は8月20日から開始しました!

先ずは、詳細はこちらのチラシをダウンロードして良~く読み込んで下さい
「2017_biwako_sunayoku_2.pdf」をダウンロード

Dscf0298
※今年2回目7/30の砂浴の様子です

開催場所は、例年通りで琵琶湖の湖西の和邇(わに)にて開催
JRの駅からも5分程度で歩けますし、人が本当に少ない好立地の場所です
(簡易ですがトイレも近くにありますし、車のアクセスも便利な所です)

今年も指導料という名目で参加費1,000円を頂きます
講演会のアフターケアや、今後の自然療法の講演会に向けての準備費、日々のワークショップの活動宣伝費などが必要となっておりますので、参加費とは別の「募金箱」を持参しますので、お気持ちだけそちらに協力をしていただけると助かりますcrying

diamond

来て頂く方へのお願が1つ
(今年は毎度こちらを記載しておりますが、飽きずに読んで下さいね)
砂浴をする浜は海水浴場のような砂浜ではなく、普通の琵琶湖の湖岸です
海水浴場(琵琶湖なので湖水浴ですね)ならビーチの清掃は既にされていますが
普通の琵琶湖岸ですので、浜の掃除は私達でする必要があります
掃除がされていないと・・・こんな状態です
Dscf9081
故に、砂浴をする前は10分程度の掃除タイムを設けています
浜のゴミ掃除のご協力をお願いします
自然療法を実践する上での一番大切なポイントでもあります
「自然に対する感謝の気持ち」が無ければ、砂浴の効果は上がりませんよ!

※今年は特に皆さんが集合するより前の「朝掃除」に力を入れております
通常の集合時間の9時半より30分早い「9時」に集まって頂いて、
「掃除を更に30分長く手伝う」と言う事が可能な方は、
申込みの際に「9時集合で掃除手伝いOK」と追記でご連絡下さい

9時から早出での掃除協力をして頂いた方には、参加費を半額に減額させて頂きます
(電車で早く来てお掃除を手伝って下さる方は、8時49分和邇駅着の電車でお越し下さい)


持参物
は・・・チラシを良く読んで下さい
(当ブログの上部からジャンプするPDFファイルを必ず開いてみて下さいね)
ビーチパラソルと書いてあるのに必ず「日傘では駄目ですか?」と言う質問が毎年有ります
私の経験上、日傘では心地良く砂浴が出来ない可能性が高いです
皆さんに最初の砂浴は是非「心地よい体験」をして頂きたい思いでビーチパラソルと指示している旨をご理解いただいたうえで、それでも日傘でやりたい方は一度それでやってみて下さい(何事も経験しないと肌身に沁みませんのでね)

※初回参加でどんなパラソルを持参したら良いか?が判らない・・・と言う方は、1本500円で主催者の持っているパラソルをお貸ししますのでご相談下さい(数に限りがありますので申込みはお早めに&2回目以降の参加の方はマイパラソル持参にご協力を!)

club

砂浴の予約は、下記のホットメール宛にお願いします
hiroba25★hotmail.com

「●●より 8月26日(または9月9日)の砂浴参加希望」というタイトルでメールにて必ずご応募下さい
※●●は皆さんの名前を書いて下さい

本文には
名前(フリガナ)、ご住所、携帯の電話&メールアドレス、トータルの参加人数
そしてアクセス方法が電車か車か?を連絡して下さい
折り返し、こちらから参加受諾のメールを2日以内に返信します
(3日たっても連絡が無ければ、再度メールするか、一度お電話下さい)
※メールの最後に「9時からの掃除参加可能」な方はその旨もご記載下さい

開催が中止のケース
頂いたメール宛に、当日の朝7時~7時半の間に一斉メール連絡を入れます
その時間より前には中止の判断は出しませんので、遠方の方などは各自の判断で参加の是非を決めて下さい
(時々家を出るのが7時なのでその時点で教えて下さい・・・と言う方が居られますので)
例外を作ると限がありませんので、ご協力&ご理解願います

spade

砂浴の内容について不明点などがあればメールにてお問い合わせ下さい

因みに、
私の企画した日程以外で、是非砂浴を体験したい&指導してもらいたい!と言う方は
人数を5名程集めて頂ければ、私の予定が空いていれば、平日でも砂浴体験会を開催します
私が指導しています和邇浜でなくても、日本海側でも瀬戸内海沿岸でもどこでも伺います
(勿論、交通費は別途頂きます)
故に、イレギュラーの開催希望の連絡もご遠慮なくどうぞ!

9/7に伊勢・二見浦で開催します砂浴体験会へのご参加も是非ご検討下さい
http://kyo-kara-k.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-bb96.html

それでは、ご参加の連絡をお待ちしておりますhappy01

2017年7月26日 (水)

2017/8/11(金・祝)の砂浴体験会の参加者募集

今シーズン3回目の琵琶湖での砂浴体験会のお知らせです!
「山の日」の祝日ですが、琵琶湖で夏を満喫しましょうhappy02

先ずは、詳細はこちらのチラシをダウンロードして良~く読み込んで下さい
「2017_biwako_sunayoku_1.pdf」をダウンロード

Dscf0208※今年1回目7/17の砂浴の様子です

因みに、2017年の残りの開催日は8月26日(土)、9月9日(土)の2回です
※1つお願いです・・・
申込は各開催日の2週間前辺りからメール連絡を頂けると助かります
(あまり前に予約を頂くと、私の方での受付け管理がややこしくなりますので)
各開催は約2週間毎ですので、前の開催日が終わったら連絡・・・と言う形が理想ですgood


開催場所は、例年通りで琵琶湖の湖西の和邇(わに)にて開催
JRの駅からも5分程度で歩けますし、人が本当に少ない好立地の場所です
(簡易ですがトイレも近くにありますし、車のアクセスも便利な所です)

今年も指導料という名目で参加費1,000円を頂きます
講演会のアフターケアや、今後の自然療法の講演会に向けての準備費、日々のワークショップの活動宣伝費などが必要となっておりますので、参加費とは別の「募金箱」を持参しますので、お気持ちだけそちらに協力をしていただけると助かりますcrying

diamond

来て頂く方へのお願が1つ
砂浴をする浜は海水浴場のような砂浜ではなく、普通の琵琶湖の湖岸です
海水浴場(琵琶湖なので湖水浴ですね)ならビーチの清掃は既にされていますが
普通の琵琶湖岸ですので、浜の掃除は私達でする必要があります
掃除がされていないと・・・こんな状態です
Dscf9081
故に、砂浴をする前は10分程度の掃除タイムを設けています
浜のゴミ掃除のご協力をお願いします
自然療法を実践する上での一番大切なポイントでもあります
「自然に対する感謝の気持ち」が無ければ、砂浴の効果は上がりませんよ!

※今年は特に皆さんが集合するより前の「朝掃除」に力を入れております
通常の集合時間の9時半より30分早い「9時」に集まって頂いて、「掃除を更に30分長く手伝う」と言う事が可能な方は、申込みの際に「9時集合で掃除手伝いOK」と追記でご連絡下さい
9時から早出での掃除協力をして頂いた方には、参加費を半額に減額させて頂きます
(電車で早く来てお掃除を手伝って下さる方は、8時49分和邇駅着の電車でお越し下さい)


持参物
は・・・チラシを良く読んで下さい
ビーチパラソルと書いてあるのに必ず「日傘では駄目ですか?」と言う質問が毎年有ります
私の経験上、日傘では心地良く砂浴が出来ない可能性が高いです
皆さんに最初の砂浴は是非「心地よい体験」をして頂きたい思いでビーチパラソルと指示している旨をご理解いただいたうえで、それでも日傘でやりたい方は一度それでやってみて下さい(何事も経験しないと肌身に沁みませんのでね)

※初回参加でどんなパラソルを持参したら良いか?が判らない・・・と言う方は、1本500円で主催者の持っているパラソルをお貸ししますのでご相談下さい(数に限りがありますので申込みはお早めに)

club

砂浴の予約は、下記のホットメール宛にお願いします
hiroba25★hotmail.com

「●●より 8月11日の砂浴参加希望」というタイトルでメールにて必ずご応募下さい
※●●は皆さんの名前を書いて下さい

本文には
名前(フリガナ)、ご住所、携帯の電話&メールアドレス、トータルの参加人数
そしてアクセス方法が電車か車か?を連絡して下さい
折り返し、こちらから参加受諾のメールを2日以内に返信します
(3日たっても連絡が無ければ、再度メールするか、一度お電話下さい)
※メールの最後に「9時からの掃除参加可能」な方はその旨もご記載下さい

開催が中止のケース
頂いたメール宛に、当日の朝7時半に一斉メール連絡を入れます
その時間より前には中止の判断は出しませんので、遠方の方などは各自の判断で参加の是非を決めて下さい
(時々家を出るのが7時なのでその時点で教えて下さい・・・と言う方が居られますので)
例外を作ると限がありませんので、ご協力&ご理解願います

spade

砂浴の内容について不明点などがあればメールにてお問い合わせ下さい

因みに、
私の企画した日程以外で、是非砂浴を体験したい&指導してもらいたい!と言う方は
人数を5名程集めて頂ければ、私の予定が空いていれば、平日でも砂浴体験会を開催します
私が指導しています和邇浜でなくても、日本海側でも瀬戸内海沿岸でもどこでも伺います
(勿論、交通費は別途頂きます)
故に、イレギュラーの開催希望の連絡もご遠慮なくどうぞ!

9/7に伊勢・二見浦で開催します砂浴体験会へのご参加も是非ご検討下さい
http://kyo-kara-k.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-bb96.html

それでは、ご参加の連絡をお待ちしておりますhappy01

2017年7月22日 (土)

9月7日(木)は伊勢・二見浦で「日帰り砂浴体験会」開催!

琵琶湖の和邇以外での「砂浴体験会」の告知です!
毎年7月に泊まりがけで開催しています「伊勢・二見浦の海水浴場」にて宿泊ナシで午前中だけの砂浴体験会を開催したいと思います
二見浦の砂質は「極上」ですので、わざわざ伊勢まで出かける価値は有りますよ!

Dscf0154

詳細を記載した「チラシ」を作りましたので、先ずはコチラを良くご覧ください
「2017.9.7 ise sunayoku.pdf」をダウンロード

club

開催日 2017年9月7日(木曜日)

集合時間&場所 9時半・JR二見浦駅前
※電車の方は9時28分着をご利用下さい。 車の方は駅前のロータリーに車を停めてお待ち下さい
(近鉄特急を利用すれば、大阪・京都エリアからも早朝出発で到着可能ですよ)

開催場所 二見浦海水浴場
(トイレはビーチから歩いて3分程度の所、駐車場に有ります)
※車で来られた方は、公営の無料駐車場に停めて、3分ほど歩いて移動します
※浜には更衣室は有りませんが、移動式のテントを持参しますので、そこで着替えて下さい
※ビーチの隣のBBQ場(小松海水浴場)にて、別料金を支払えば着替えや温水シャワーの利用は可能ですが、浜には水シャワーの施設は有り〼

砂浴開催時間 10時頃~13時頃迄
※12時半を一応の終了の目安として13時には撤収完了としますが、各自の判断・責任で13時以降も継続して砂浴を楽しんで頂いても勿論結構です

参加費(砂浴の指導代) 1000円

持参物
ビーチパラソル
日差しが強い夏は絶対の必需品! 日傘は
 ※主催者パラソルを要交渉で
500円で貸出可(数に限りが有り〼)
片手鍋
(穴掘りに使用。砂を効率良く掘る為には柄の丈夫な片手鍋が◎  園芸用の小さなシャベルは 
水着
(砂に肌が触れる面積が多いと効果が現れ易くなりますので、砂を直接肌に触れたく無い方は木綿の服が◎)
ナイロン袋×3枚
 (パラソルが飛ばないよう砂袋として利用)
大型タオル(パラソルに挟んで日差しカットに使うと〇)
お茶or
(脱水症状にならないように、チビチビと小まめに飲むのがコツ)
※塩分補給も忘れずに!(梅干しが◎です)
新聞紙
(天気が悪い場合は、新聞紙を身体に巻いてから砂に埋まります。頭や荷物の敷物としても使用)
日焼け止めグッズ
(砂の照り返しが有るので、帽子・サングラス・手拭い・日焼け止めオイル・・・等で対策して下さい)

spade

【申込み方法】

砂浴の予約は、下記のホットメール宛にお願いします
hiroba25★hotmail.com

「●●より 9月7日伊勢砂浴 参加希望」というタイトルでメールにて必ずご応募下さい
※●●は皆さんの名前を!

本文には
名前(フリガナ)、ご住所、携帯の電話&メールアドレス、トータルの参加人数
そして二見浦駅前までのアクセス方法が<電車OR車か?>をご連絡下さい
折り返し、こちらから参加受諾のメールを2日以内に返信します
(3日たっても連絡が無ければ、再度メールするか、一度お電話下さい)

開催が中止のケース
頂いたメール宛に、当日の朝6時半頃に一斉メール連絡を入れます
その時間より前には中止の判断は出しませんので、遠方の方などは各自の判断で参加の是非を決めて下さい
例外を作ると限がありませんので、ご協力&ご理解願います
参考として、ヤフー天気予報の「伊勢の午前中の天気予報」が雨の場合や日中の最高気温が25度未満の場合は中止の判断材料とする・・・と思って下さい)

club

今回の砂浴についての不明点などがあればメールにてお問い合わせ下さい
特に「参加者の定員」はございませんし、お子様連れ参加もOKより、お気兼ねなくご参加下さい
参加のご検討、宜しくお願い致しますhappy01

2017年7月 5日 (水)

夏の畑イベント 7/24木之本で松葉酒作り 7/25赤目で野草酵素ジュース作り(共に草刈作業有) +8/6は日曜朝そうたい

夏の自然農の畑の草刈りついでに、野草系のワークショップを混ぜ込んでみました!
夏の草刈りは人手が有ると非常に助かります!

共に定員3名限定(私の車の同乗数より、車で現地まで来て頂ける方は定員ナシ)です

最後に・・・8/6の「日曜朝そうたい」のイベントのお知らせも記載していますので、最後まで読んで下さいね

spade

その1
木之本にある「染織工房 野の絢」さんの畑にて、自然農の畑体験と松葉酒作り
Dscf7395
松葉・水・白砂糖で作る、松葉の発酵ジュースです
(発酵していますので、お酒に弱い方は、ちょっと酔った感じになりますあ、血管を柔らかくしてくれる作業が有るので、高血圧は勿論、低血圧の改善にも効果有りです)
白砂糖を使うのは松葉の酵素を引き出す為で、全て体に良いブトウ糖と加糖に変化しますのでご安心を!
一方、松葉ジュースは松葉と水をミキサーにかけたもので、意外と美味しい&健康飲料です!
是非、自然農の畑作業と松葉の凄さを共に体験・体感しに来て下さい
(こちらの畑では木綿と蓼藍をメインに、コンニャクや里芋などの秋収穫の食材も育てています)

開催日時 7月22日(土曜日) 朝10時~14時
※ご都合の悪い方は、お昼から参加も有とします(要交渉)

開催場所 「染色工房野の絢」の畑  (JR木ノ本駅より車で東へ5分)
http://inoori.jp/nonoaya/access/
JR木ノ本駅まで来て頂ければ、迎えに伺います
京都・山科駅から私の車に同乗も有(片道500円の同乗費頂きます)

参加費  1000円 (午前の畑作業に参加されない方は1500円とします)

持参物  農作業に適した服装(長そで・長ズボン・軍手・タオル) お弁当とお茶
草刈鎌はお貸ししますが、松葉を採取する用の剪定ハサミが有ればご持参下さい
※松葉酒の材料は主催者側でご用意しますので、持ち帰り出来る手提げ袋(900mlのガラス瓶と500mlペットボトル1本分)をご持参下さい

この日の予定
10時  現地に到着後、「畑の草刈り」作業
12時  お昼ご飯タイム
13時  松葉酒作り・松葉ジュース作りの指導

参加登録方法  この記事の最後をご覧ください

club

その2
赤目自然農園にて、自然農の畑体験(草刈)と野草の酵素ジュース作り
Img_3135
先ずは「夏の草刈り」をお手伝いして頂いた後に
野草を刈ったその直後に直ぐに砂糖漬けをして作る「酵素ジュース作り」を行います
この時期に生えている野草は・・・
ヨモギ、スギナ、ドクダミ、オオバコ、などなど 目についた野草を何でも使ってOK
畑で間引いた「赤紫蘇」や自生しているニラやミントなども入れて頂いても結構ですよ!
是非、こちらも自然農の元気な畑と植物たちの生き生きとした姿を体感して下さい
(元気な田畑の中に居ると、草刈しても左程疲れませんよ~)

開催日時 7月23日(日曜日) 朝10時~14時
※現地集合できる方は、お昼から参加も有も有とします(要交渉)

開催場所 「赤目自然農園」の私の借りている田畑
 (近鉄赤目口駅からですと、徒歩30分)
https://www.google.co.jp/maps/place/%E8%B5%A4%E7%9B%AE%E8%87%AA%E7%84%B6%E8%BE%B2%E5%A1%BE/@34.5932614,136.0527824,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xe6b35e6717af7873!8m2!3d34.5932614!4d136.0527824
京都(六地蔵)や奈良(新大宮)から私の車に同乗も有(片道500円の同乗費頂きます)

参加費  1000円 (午前の畑作業に参加されない方は1500円とします)

持参物  農作業に適した服装(長そで・長ズボン・軍手・タオル) お弁当とお茶
草刈鎌はお貸ししますが、野草を採取する用の剪定ハサミが有ればご持参下さい
※酵素ジュースを作るガラス瓶900mlは主催者側で用意します

この日の予定
10時  現地に到着後、「畑の草刈り」作業
12時  お昼ご飯タイム
13時  野草酵素ジュース作りの指導
※14時頃に終わりまが、希望者があれば赤目自然農園の案内を行います

参加登録方法  この記事の最後をご覧ください

heart

参加登録方法

予約は、下記のホットメール宛にお願いします
hiroba25★hotmail.com

「●●より 7月22日木之本 松葉酒WS参加希望」または
「●●より 7月23日赤目 野草酵素ジュースWS参加希望」いうタイトルでメールにてご応募下さい
※●●は皆さんの名前を書いて下さい、また履歴をきちんと残す為に電話受付は基本お断りしております

本文には
名前(フリガナ)、ご住所、携帯の電話&メールアドレス、トータルの参加人数
そして、現地までのアクセス方法が電車か車か?または私の車に同乗を希望するのか?をご連絡して下さい
折り返し、こちらから参加受諾のメールを2日以内に返信します
(3日たっても連絡が無ければ、再度メールするか、一度お電話下さい)

因みに、激しい雨天時は、ご連絡頂いたメール宛に、朝7時時点で一斉送信で中止をお知らせします
(但し、小雨の場合は雨天決行にしますのでカッパの用意はお忘れなく)

diamond

追加で・・・
8月6日(日曜日)の朝10時から開催します「日曜朝操体(そうたい)」の告知をこちらでも
(私が企画しましたイベントです)
詳細はコチラのブログをご覧ください
https://sj2379.wixsite.com/kyoto-sotai/single-post/2017/06/23/86%E3%81%AF%E3%80%90%E7%89%B9%E5%88%A5%E4%BC%81%E7%94%BB%E3%80%91%E3%80%8C%E6%97%A5%E6%9B%9C%E6%9C%9D%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%9F%E3%81%84%E3%80%8D%EF%BC%A0%E4%B8%8B%E4%BA%AC%E3%81%84%E3%81%8D%E3%81%84%E3%81%8D%E5%B8%82%E6%B0%91%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

私が施術の中にも取り入れています「そうたい」の基礎を学べるワークショップです
カラダの使い方は勿論、「心の整え方」も私は「そうたい」から学び、
様々な面で役立ってきたなと思っております
一般の方が「操体の本質」に触れる機会はあまり有りませんので
(あったとしても、専門的すぎて、素人さんには手が出しづらい値段だったりしますので)
お手頃価格で、日曜の朝の清々しい時間帯にそうたいを学んでみませんか?

大々的に募集中ですので、宜しくお願い致します<(_ _)>


以上です

それでは農作業・そうたい共々、ご参加のご検討、お待ちしております<(_ _)>

2017年6月30日 (金)

2017年琵琶湖・和邇砂浴体験会【1回目7/17、2回目7/30】の参加者募集!

明日から7月!
今年も砂浴のシーズンが始まります!
今年は6月に自然療法の講演会を開催しましたので、砂浴に興味の有る方が沢山出てきてくれると嬉しいな、と思っている次第です
考えるよりも、一度まずは砂浴を体験しに琵琶湖に来て下さいねhappy02

先ずは、詳細はこちらのチラシをダウンロードして良~く読み込んで下さい
「2017_biwako_sunayoku_1.pdf」をダウンロード

Img_1433

2017年の開催日は7月17日(月・祝)、30日(日)、8月11日(金・祝)、26日(土)、9月9日(土)の合計5回です
9時半頃の集合、10時過ぎから12時過ぎまでの約2時間の砂浴体験・指導となります

1つお願いです・・・
申込は各開催日の2週間前辺りからメール連絡を頂けると助かります
(あまり前に予約を頂くと、私の方での受付け管理がややこしくなりますので)
各開催は約2週間毎ですので、前の開催日が終わったら連絡・・・と言う形が理想ですgood

今募集をしていますのは、7月17日(祝)の1回目、7月30日(日曜日)の2回目の開催日のみとさせて頂きます
※7月11日より7/30分を募集開始致しました

開催場所は、例年通りで琵琶湖の湖西の和邇(わに)にて開催
JRの駅からも5分程度で歩けますし、人が本当に少ない好立地の場所です
(簡易ですがトイレも近くにありますし、車のアクセスも便利な所です)

今年も指導料という名目で参加費1,000円を頂きます
昨年はこの参加費の半分を「自然療法講演会の開催積立金」に回しましたので、ほぼボランティア状態の開催でしたcoldsweats01
今年も講演会のアフターケアや、今後の自然療法の講演会に向けての準備費、日々のワークショップの活動宣伝費などが必要となっておりますので、参加費とは別の「募金箱」を持参しますので、お気持ちだけそちらに協力をしていただけると助かりますcrying

diamond

来て頂く方へのお願が1つ
砂浴をする浜は海水浴場のような砂浜ではなく、普通の琵琶湖の湖岸です
海水浴場(琵琶湖なので湖水浴ですね)ならビーチの清掃は既にされていますが
普通の琵琶湖岸ですので、浜の掃除は私達でする必要があります
掃除がされていないと・・・こんな状態です
Dscf9081
故に、砂浴をする前は10~15分程度の掃除タイムを設けています
浜のゴミ掃除のご協力をお願いします
自然療法を実践する上での一番大切なポイントでもあります
「自然に対する感謝の気持ち」が無ければ、砂浴の効果は上がりませんよ!

※で、初回前は、砂浴を1回も今シーズン行っていない為に、浜の掃除が全くされていません
故に、初回の掃除時間は20~30分一緒にして頂く事になりますので、その点をご理解して頂いた上で、ご参加下さい
(2回目も未だ掃除が完璧に済んではいませんので、2回目の30日も掃除タイムを設けます)
また、通常の集合時間の9時半より30分早い「9時頃」に集まって頂いて、「掃除を更に30分長く手伝う」と言う事が可能な方は、申込みの際に「9時集合で掃除手伝いOK」と追記でご連絡下さい
9時から早出での掃除協力をして頂いた方には、参加費を半額に減額させて頂きます
(電車で早く来てお掃除を手伝って下さる方は、8時49分和邇駅着の電車でお越し下さい)


持参物
は・・・チラシを良く読んで下さい
ビーチパラソルと書いてあるのに必ず「日傘では駄目ですか?」と言う質問が毎年有ります
私の経験上、日傘では心地良く砂浴が出来ない可能性が高いです
皆さんに最初の砂浴は是非「心地よい体験」をして頂きたい思いでビーチパラソルと指示している旨をご理解いただいたうえで、それでも日傘でやりたい方は一度それでやってみて下さい(何事も経験しないと肌身に沁みませんのでね)

※電車移動でどうしてもパラソルの持参が難しい方は、1本500円でお貸ししますのでご相談下さい(数に限りがありますので申込みはお早めに)

club

砂浴の予約は、下記のホットメール宛にお願いします
hiroba25★hotmail.com

「●●より 7月17日(または30日)の砂浴参加希望」というタイトルでメールにて必ずご応募下さい
※●●は皆さんの名前を書いて下さい

本文には
名前(フリガナ)、ご住所、携帯の電話&メールアドレス、トータルの参加人数
そしてアクセス方法が電車か車か?を連絡して下さい
折り返し、こちらから参加受諾のメールを2日以内に返信します
(3日たっても連絡が無ければ、再度メールするか、一度お電話下さい)
※最後に「9時からの掃除参加可能」な方はその旨もご記載下さい

開催が中止のケース
頂いたメール宛に、当日の朝7時半~8時頃に一斉メール連絡を入れます
その時間より前には中止の判断は出しませんので、遠方の方などは各自の判断で参加の是非を決めて下さい
(時々家を出るのが7時なのでその時点で教えて下さい・・・と言う方が居られますので)
例外を作ると限がありませんので、ご協力&ご理解願います

spade

砂浴の内容について不明点などがあればメールにてお問い合わせ下さい

因みに、今年は5回の開催日を指定しましたが
この日には参加できないが、是非砂浴を体験したい&指導してもらいたい!と言う方は
人数を5名程集めて頂ければ、私の予定が空いていれば、平日でも砂浴体験会を開催します
私が指導しています和邇浜でなくても、日本海側でも瀬戸内海沿岸でもどこでも伺います
(勿論、交通費は別途頂きます)
故に、イレギュラーの開催希望の連絡もご遠慮なくどうぞ!

それでは、今年も琵琶湖の和邇にてお会いしましょうhappy01

2017年6月 7日 (水)

7月8~9日は・・・第3回・伊勢二見浦で砂浴1泊体験会

※見やすいように4月にUPした記事を6月に引っ越しさせました
6/7時点で、募集定員まであと3~4名程度ですので、参加希望の方はお早めに!
なお、現状で車での参加者が少ない為に、全員での内宮参拝は厳しい状況です
是非、日曜日だけの参加で、車で来て頂ける方の参加希望連絡をお待ちしております!


今年も開催しますgood
恒例行事?となりました伊勢での砂浴体験会ですwave
Dscf9165
ご利益の有る(多分)、伊勢二見浦の黒砂で、排出力の高い体へリセットしてみませんか?
初日の夜は無農薬のお野菜メインのBBQ大会をbeer
2日目の早朝には、伊勢内宮の参拝を今年も行いますsun
Img_1147
主催者なりの自然療法の取り組み方、解釈の仕方など、様々なお話もさせて頂きます

cancer

先ずは、イベントチラシはコチラをダウンロードして良~くお読み下さい
「2017.7.8-9 ise sunayoku.pdf」をダウンロード

spade

開催日 7月8日(土曜日)~9日(日曜日)

集合場所&時間 JR伊勢参宮線・二見浦駅 駅前広場 午前11時30分集合
※電車でお越しの方は、JR伊勢市11:20発⇒二見浦駅11:26着の電車でお越し下さい
※車でお越しの方は、駅前広場の駐車スペースで待機か、宿内で先に待っていて下さい

宿泊先 民宿ヤマト(伊勢市二見町9-7・JR二見浦駅より徒歩1分)
※宿の2階(6部屋)を貸切(参加者が増えた場合は3階も順次予約して対応します)
※家族参加の方は個室を、個人参加の方は相部屋利用とする方針です

砂浴開催場所 伊勢市二見浦海水浴場(JR二見浦駅より徒歩10分)

参加費 10,000円(宿代、昼食1回、夜BBQ代、朝食1回、砂浴指導代を含む)
参加費はイベントの当日のお支払いで結構です

募集定員 15~20名

club

砂浴に必要なもの
ビーチパラソル(絶対の必須品。日傘はダメです!ホームセンターで約2千円で購入可能)
※遠方からの電車参加の方は、主催者のパラソルを千円で貸し出し致します
片手鍋(穴掘り&埋める為の道具で、スコップやフライパンでは埋まる作業が効率が悪いので駄目です! 柄が丈夫な片手鍋を選んで購入して下さい)
水着(砂に肌が触れる面積が大きいほど砂浴効果は大。 水着NGなら木綿の生地の服でもOKです)
ナイロン袋(パラソルが飛ばないよう、砂を入れて重しにします)
水筒(水分補給は小まめに摂って下さい。 梅干しでの塩分補給もお勧めします)
新聞紙(寒い時は体に巻いて砂に埋もれます。 頭や荷物を乗せるのにも便利)
タオル(身体の砂を払うのは勿論、パラソルの日差しを弱める為に傘の骨に挟んで使います)
日焼け対策(顔は砂の反射で焼けるので、帽子・サングラス・日焼け止め・手拭いなど)

※砂浴中の荷物は、砂浴に必要のない大きな荷物は宿に置いておきます
 上着や水やタオルなどの最低限のモノは各自のパラソルの下に置きます
 貴重品はご依頼があれば、主催者がまとめて「砂浴基地テント」でお預かりします

diamond

ラフ行程
【初日】
11:30 集合
11:35 宿にて軽食ランチを食べつつ、参加者紹介・合宿の流れの説明
12:20 浜へ移動し、砂浴の説明・穴掘りなどの準備
13:00~16:00 砂浴タイム
16:00~18:00 宿にてお風呂&休憩
18:30~20:30 浜にてお野菜メインのBBQ大会
21:00~     希望者のみに対し、小島の自然療法・整体のワークショップ開催
【2日目】
5:00~6:00  希望者のみ伊勢内宮参拝
※6/7時点で車参加者が2台のみの為、限定での参拝になる可能性大です
7:00~     朝食
8:00~     浜へ各自移動(荷造りした荷物は、フロント前にて預かります)
8:30~11:30  砂浴タイム
11:30~12:30 後片付けと宿にてお風呂
12:50      宿にて解散

※2日目の解散後、希望者は名張の「赤目自然農園」にて自然農体験&見学(約1~2時間の滞在)をして頂きます
車で二見から2時間弱の移動をします。私の車なら3名まで同乗可能で、交通費(二見⇒赤目⇒奈良駅)とワークショップ代を別途(千円)頂きます。 同行希望者は畑を歩ける運動靴を持参してご参加ください)

heart

参加希望者は「●●より 7/8-9の伊勢砂浴合宿 参加希望」と言うタイトルで必ずメールにてご応募下さい
(〇○には皆さんのお名前を入れて下さい)
hiroba25★hotmail.com 

連絡の必須事項は
お名前(フリガナ)・性別・年齢
住所、連絡先として携帯の電話番号&メールアドレス
(複数名で参加の場合は、連絡先は代表者のみでも結構です)
伊勢までのアクセス方法(車か電車か?)
・・・これらをお知らせください
併せて、砂浴の体験歴や今回参加の動機なども簡単にメッセージ頂けると嬉しいです

折り返し、当方から「参加受諾」の連絡を入れさせて頂きます
※部屋の追加確保をする為に、稀にご返答までに時間がかかる場合がございます

dangerキャンセルの連絡は、宿の部屋割りやBBQのお野菜手配の変更などが必要となりますので、なるべく早くご連絡下さい
(特に決まったキャンセル料設定はしておりませんが、万が一キャンセルにかかった実費が出た場合のみ、その金額を請求させて頂きます)

砂浴合宿に関する問い合わせも、上記したホットメール宛にご連絡下さい

spade

因みに
今年も「7月9日(日曜日)の午前だけの砂浴体験参加」をOKとします
JR参宮線でお越しの方は、JR伊勢市8:15発⇒二見浦駅8:24着の電車に乗っていただき
「JR二見浦駅前」に8時25分にご集合下さい
(車で参加の方も、8時20分頃に駅前のロータリー広場に来て下さい)

当日は砂の掘り方指導などをした後、9時~11時半頃まで砂浴を堪能して頂きます
この日だけ参加する方も、着替えは「民宿ヤマト」の脱衣所をお借りし、砂浴後も「民宿ヤマト」のお風呂をお借りする事にします
2日目の砂浴だけに参加される方は、参加費2千円(更衣利用・お風呂代・砂浴指導料を含む)とさせて頂きます

この条件で参加したい方は、申込のメールタイトルを
「〇〇より 伊勢砂浴 7/10AMのみ参加希望」としてお申込み下さい
(申込方法・登録内容などは、上記しました通常の予約方法と同じです)

yacht

以上です

それでは参加のご検討をよろしくお願い致しますhappy01

2017年6月 6日 (火)

7/2は琵琶湖でBBQ大会!(砂浴&スラックラインも)参加者大募集

※4月にアップして募集開始したイベントですが、見易いようにこちらへ引っ越しして宣伝させて頂きます

今年で何と6年目を迎える事となりました琵琶湖でBBQ大会note
Dscf9155
今回も無農薬のお野菜をメインとしたBBQを楽しみます
Img_3523

また今回も恒例の「砂浴はじめ」も行います
(足だけ埋まるのか?腰までか?全身か?・・・は気温次第ですね)
Dscf6534
また、スラックラインも今回も張りますのでこちらもご堪能下さいねhappy01
Dscf6539

先ずはこちらのチラシをプリントして頂いて、開催概要を良~くご覧ください
「2017.7.2biwako de BBQ.pdf」をダウンロード

spade

開催日時 7月2日(日曜日) 10時~15時(基本、自由集合自由解散です)

場所    琵琶湖の湖東・吉川ビーチ 
(琵琶湖大橋の料金所より北へ9分、鮎家の郷より北へ2分)
  グーグルマップで「野洲市吉川浄水場」で検索した左上です
  車で来られる方は、現地集合・現地解散とします
  車が無い方は、JR湖西線の堅田駅からピエリ守山経由、ラフォーレ琵琶湖行のバスで「ラフォーレ琵琶湖」までお越し下さい(そこまで車で迎えに行きます・会場まで車で5分)
http://time.khobho.co.jp/ohmi_bus/tim_Rosen.asp?kaiKbn=NOW&rosenCd=53115200

当日の予定
9~10時   設営作業
 ※早く来られた方は、テント設営、砂浴の穴掘り、スラックライン綱張り、BBQの下準備などをお手伝い下さい
10時    全員集合!自己紹介タイム
10時半~ 砂浴&スラックラインの体験タイム!
 ※砂浴は空腹時にするのがお勧めですので、是非BBQ開始前に楽しんで下さい
   寒い時は、全身の砂浴ではなく、足だけの砂浴で我慢して下さいね!  
11時半~ お野菜たっぷりBBQ大会!
 野菜だけで十分に身体が喜ぶランチになる事を体感して下さい
 ※肉系のものを食べたい方は、各自で持ち込みして頂ければ何を食べてもOKです
 午後からは、適度に食べながら、遊びながら・・・ゆったりまったり各々で自由にお過ごし下さい
 最後は・・・スイカ割で締めます!(昨年は琵琶湖に流されましたが・・・)
14~15時  後片付け開始 & 自由解散
  ※遅くても3時過ぎには撤収を完了する予定です

参加費

食材・燃料費等の実費を当日の参加人数で折半します(一人2,000~2,500円程度の予定)
箸&皿&コップなどの食器類と、自分で飲む分のアルコール飲料は各自でご持参下さい
※お茶と水は主査者側にてある程度はご用意します
※小学生の参加費は半額、乳幼児の参加費は無料にします

diamond

【参加登録方法】

参加希望者は必ずメールで参加登録をして下さい
※携帯からメール送信をされる方は「上記したメール」を受信拒否リストから外すようにして下さい!
メール送信して頂く際には
「〇〇より 7/2びわこBBQ大会 参加希望」というタイトルを明記の上
 ※〇〇には皆さんのお名前を入れて下さい

ご連絡頂きたい内容は
・お名前
(複数でご参加の場合は全員のお名前と、大人・小学生・幼児の区分)
以下は代表者のみで
・ご住所
・携帯電話の電話番号&メールアドレス
・会場へのアクセス
は車(現地集合)か電車&バス(ラフォーレ琵琶湖集合)か?
これらをお知らせ下さい
主催者から2日以内には必ず「参加受諾」のメールを返信します
返信が無い場合は、主催者にメールが届いていないか、返信メールが皆さんの方で「受信拒否」されていますので、お電話にてお問い合わせ下さい
(※主催者の電話番号は「こじまカイロ」のHPをご覧ください)

club

以上です
沢山の方に参加頂ければ幸いですgood

なお今年の砂浴イベントは
7月8日~9日の伊勢二見浦の砂浴1泊合宿
こちらも募集を開始しております
http://kyo-kara-k.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-3218.html

また、募集はまだ開始していませんが、
琵琶湖の湖西・和邇浜で毎年開催しています、砂浴半日体験会

こちらは、7/17、7/30、8/11、8/26、9/9の合計5回、今年は開催します
(各々の開催日程の2週間前から募集開始とさせて頂きます)


それでは、今年も砂浴会場でお会いしましょうsun
先ずはこのBBQ大会へのご参加へのご検討、宜しくお願い致しますhappy01

2017年6月 5日 (月)

自然療法のお手当て体験会&DVD上映会 参加者募集!

今月は、昨日開催しました「自然療法・五来純氏講演会」の参加者向けの
こんにゃく湿布、ビワ葉温灸、生姜湿布のお手当て体験会を開催します
(講演会に参加できなかった方でも、お手当てに興味の有る方ならどなたでも参加はOKです)
お子様連れでもお気兼ねなくご参加下さい!

詳細は先ず、こちらのチラシをご覧ください
「2017.6 oteate to DVD-1.pdf」をダウンロード

club

開催日と内容

6月18日(日曜日)こんにゃく湿布体験

6月24日(土曜日)ビワ葉温灸体験
6月30日(金曜日)生姜湿布体験

開催場所

出町うさぎ
 左京区田中下柳町1-12
(出町柳駅より東へ徒歩1分・鳥貴族の向かい)

開催時間と、定員、参加費
各イベント共に、午前11時から約1時間
募集定員は6名
500円のみで参加OK!
※定員に達した場合は、12時からもう1回定員6名で開催
(6月のみ講演会直後特価で500円で開催し、7月以降は1000円に変更予定です)

持参物
こんにゃく湿布:
タオル6枚、タオル大1枚、使った蒟蒻の持ち帰り用袋
ビワ葉温灸:
枇杷葉持ち帰り袋
  
※温灸用の「新品の棒温灸」の販売もします
生姜湿布:
厚手のタオル2枚

spade

【ワークショップへの参加登録方法】

当方からメールの返信が届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご協力下さい
メールのタイトルは
「 ●●より △△のお手当てWS・参加希望」 として送信して下さい
※〇〇の所には必ず皆さんのお名前を入れて下さい!

メール送信の際には
お名前(複数名の場合は全員の名前)、ご住所、携帯の電話番号&メールアドレスを必ずお知らせ下さい
dangerもしメールを送信されて3日過ぎても返信が無い場合は、必ずお電話でご確認下さい

(原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性大です)

flair申込み締切日は、各開催日の2日前の夜までですflair

diamonddiamond

もう1点
自然療法の講演のDVD上映会のお知らせです

今回は2011年に東京で撮影された東城百合子先生・五来純社長の講演会の様子のDVDを上映します

開催日・場所
6月24日(土) 18時半~21時

ひとまち交流館京都・第1会議室(2階)にて DVD第1部の102分を上映

6月28日(金) 13時半~15時半
ひとまち交流館京都・第2会議室(2階)にて
  DVD第2部の 78分を上映

参加費
各500円、事前申し込み不要、定員ナシ(部屋は30名まで入れます)

※以後は、2012年の東京での講演会、私の主催した2011年、2012年、そして今年の講演会の上映会などを企画しております
以後の開催日や開催場所は追ってまた、こちらでご報告します(月に1~2回開催予定)

diamonddiamond

以上です

また、以前から告知しております

7月2日(日曜日)琵琶湖でBBQ大会
http://kyo-kara-k.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-975e.html

7月9日~10日に開催します、伊勢二見浦での砂浴体験会
http://kyo-kara-k.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-3218.html

こちらの2つのイベントもまだ参加者募集中ですので
こちらも自然療法が学べる場とはしていますので、ご参加をご検討下さいませ

個別のワークショップ開催希望依頼や、出張ワークショップ開催の相談なども遠慮なくどうぞ!

それでは宜しくお願い致します<(_ _)>

2017年5月18日 (木)

キャンセル待ち再受付開始! 6月4日「自然療法・五来純氏講演会」 

キャンセル待ちも一旦受付終了をしておりましたが
キャンセルをされる方が思ったよりも多く、キャンセル待ちがほぼ解消されそうな勢いとなりましたので、「キャンセル待ち予約の受付」を再び開始しました!

キャンセル待ちの方は、お席が確保できない場合は「和室でのLIVE中継聴講でもOKということを了解して頂いた上での予約」という事でお願いします
但し、現状からすると、恐らくホール内での聴講が可能になる可能性の方が高いので、その辺りは期待しながらご予約を完了させて下さい

spade

改めまして、開催概要を
チラシはコチラで「2017.6.4 goraijun-kouen-5.pdf」をダウンロード

講演会タイトル 「自然療法が人生を変える~自然の力とともに生きる~

講演者      あなたと健康社 代表取締役 五来純氏 (東城百合子氏のご長男)

開催日時    2017年6月4日(日曜日)13時半~16時

開催場所    ひとまち交流館京都・2階大会議室(300名収容)
※お子様連れの方は、ホール前方等の出入りし易い「お母さん席」をご用意しておりますので、気兼ねなく子連れでご参加頂けます
また、お子様がぐずってきた際には、ホール隣の和室(LIVE中継映像を流します)にて聴講して頂けるようにします

参加方法    入場無料ですが「事前予約優先制」とします
          受付にて、予約頂いたお名前の照合チェックをさせて頂きます
※ただし、開演10分前までにご来場頂けない場合は、予約優先を解除します!
遅刻されると「キャンセル待ち予約」で来場された方に席をお譲りして着席して頂きます
(予約方法については、下記heartに列記しますので、最後まで見て下さいね)

当日の予定
12時40分 開場
13時20分 受付終了(この時間よりキャンセル待ちリストの上位の方から入場して頂きます)
13時30分 開演  開会の挨拶と注意点の説明
13時40分 主催者挨拶と、あなたと健康社紹介
13時50分 東城百合子先生のお話VTR上映
14時10分 五来純氏の講演(約90分)
15時40分 質疑応答
16時     閉会

販売物について
「自然療法・東城百合子・五来純」に関する書籍の販売をする事になりました
小銭をご用意してご来場頂けると助かります
(売上の利益は全額寄付致します)

heart

講演会の聴講希望「予約方法」について

予約方法は・・・主催者・小島のG-mail宛へ連絡を入れて下さい

kojima.chiro★gmailどっとコム

件名の欄は 「〇〇より 2017/6/4講演会 キャンセル待ち参加希望」として下さい
※〇○より・・・と言う所には皆さんのお名前を入れて下さい

お知らせ頂きたい登録情報は
名前(フルネーム&振り仮名付で)、年齢(何歳代でOK)、性別、ご住所、携帯の電話番号、携帯のメールアドレス
(同伴者が居られる場合は、ご住所以下の情報は代表者のみで結構です)

小さなお子さんが居られる場合は「お母さん席希望」と明記して下さい
0~3歳までのお子様は抱っこでの聴講をお願いします(ベビーカー利用もOK)
4歳以上のお子様は、お席を1席確保致します

dangerなお、講演会の参加人数を正確に把握をしたいので、事前に講演会に参加できない事が判った時点で、キャンセル待ちの方でも、必ずキャンセルの連絡を入れて下さい
出来るだけ一人でも多くの方に講演会にご参加頂きたいので、講演会に参加しないのにキャンセルをし忘れるという事の無いようにお願いします

diamond

以上です

それでは、参加登録のご連絡をお待ちしておりますhappy01

2017年5月 4日 (木)

6月4日「自然療法・五来純氏講演会」に参加予定の皆様へ

danger緊急の告知ですsign03

6月4日にひとまち交流館京都にて開催させて頂きます「自然療法・五来純氏講演会」
こちらに参加予定の方々に予約の確認作業をお願いしたく思い、こちらに書き込みをさせて頂きます

実はこの1週間で2件、「講演会の予約をキャンセルしたくてメールしました」と言う連絡が入りました
しかし・・・その方のお名前が私の「予約名簿リスト」の中に全く有りませんsign03
その方がもし予約をキャンセルせずに、講演会に来られたとしたら・・・ぞっとしますねsweat01

spade

私の方から予約を受けて、完了さえた方には必ず「返信メール」をお送りしています
その私からのメールの内容は・・・
・当日のホールでの受付の方法
(予約をした受付日を必ず覚えて窓口で言って下さいね、とお願いしたハズです)
・お子様連れの方には「和室」と「児童室」の説明
あとアンケートとして
・東城百合子(五来純)の講演会の聴講の経験が有るか?
・自然療法の実践の程度を聞かせて下さい
・・・と言った内容のかなりの長文メールをお送りしています

その私からの長文メールを受け取っていない方は、私の所には貴方からのメールは届いていませんので、必然的に「予約ができていない状態」です

メールを送信したのに「主催者から何も連絡が来ないなあ」・・・という状態で止まっていませんか?
予約確約の連絡が無いのに、予約が出来ていると勘違いをしていませんか?
(そんな事が常識的に考えてあるハズ無いですからオカシイですよね)
主催者から返信連絡が来ない事に全く疑問を持たずに講演会会場に来て、「予約したのにどうなっているのか!」とクレームを入れてもらっても、正直困ります

自分では予約したつもりだけれども、返信メールを一切受け取っていないという方がもし居られるようなら、当方にメールか電話を入れて確認をして下さい

(当方から返信をしているのに、そちらのメール設定で私からのメールを受け取れていない、と言うだけの方も居られると思いますので、怪しいと思う方は必ずご連絡下さい)

現状で300席が満席で、キャンセル待ちの方も未だ沢山居られるのが現状です
その対応だけでも大変なのに、「予約をしたと思って来場する方」のクレーム対応は正直したくありませんので宜しご協力下さい

現実問題として、「予約ができていない状態」の方は、現時点で直ぐにお席はご用意はできませんし、特別扱いもするつもりはありません
ただ、申し訳ない気持ちもありますので、現時点の「キャンセル待ちリスト」の最後でも待って頂けるようなら、そのようには対応はさせて頂きますので、ご理解とご協力をよろしくお願い致します<(_ _)>

皆さんの周りで「講演会に行く予定の方」が居られましたら、この件を一応確認して頂けるようにお声掛け下さると助かります

以上、講演会に関わる緊急告知でしたsign01

2017年4月 3日 (月)

<満員御礼>5/3は旬彩いかわさんで「米麹調味料作り&糠足湯体験」WS開催

※4/3の夜の時点で満席となりましたので、募集を締め切らせて頂きました。
またの開催をお待ちくださいませ<(_ _)>

GW中ですが・・・昨年好評でした「米麹を使った調味料作り」のワークショップを開催します
Dscf9425

先ずはワークショップの詳細をコチラのチラシでご確認ください
「2017.5.3WS komekouji-ikawa.pdf」をダウンロード

ワークショップの前半は3種の調味料作り(みりん、白みそ、豆板醤)
後半は、足湯体験をしていただいて
最後は、米麹の色々な調味料の味見をしたいと思っております
身近にある食材で、色々な事が出来るんだな~と体感して頂ければ幸いですnote

diamond

開催日時
 5月3日(水)10時半~12時半   定員は・・・6名限定!

開催場所  旬彩いかわ
左京区一条寺野田町11清光ハウス1F

北大路白川通上ル2筋目(セブンイレブンとMcの交差点)を東・山側へ、1筋越えた右手

車でお越しの方は「白川北大路交差点西側(ユニクロ前)のコインパーキング」が最寄

バス利用の方は、地下鉄・
国際会館駅前より5・65番のバスで「一乗寺木本町」で下車

参加費  3,000円
(仕込んだ調味料3種と米麹のお土産付き)

 ※参加費のうち500円を自然療法・五来純氏講演会(6/4)基金として積立させて頂きます

持参物  タオル2枚・持ち帰り袋(調味料瓶&タッパ用)、筆記用具

club

【ワークショップへの参加登録方法】
当方からメールの返信が届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご協力下さい

メールのタイトルを
「●●より 5月3日 米麹調味料WS 参加希望」として送信して下さい
※〇〇は皆さんのお名前ですよ!
メール送信の際には
お名前(複数の場合は全員の名前)、ご住所、携帯の電話番号&メールアドレスをお知らせ下さい
dangerもしメールを送信されて3日過ぎても当方から返信が無い場合は、必ずお電話下さい
(原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いのでメール受信の設定を解除して下さい)

spade

以上です
それでは、参加のご検討、よろしくお願い致しますhappy01

2017年3月26日 (日)

<4/29&5/20共に満員御礼>出町うさぎさんで「ぬか床作りと糠温石のお手当て体験会」WS開催

【4/11追記】
3/30に4/29開催分が、4/11に5/20開催分が、共に募集枠8名に達しました
当ワークショップはキャンセル待ちなどは受付ませんので、ご了承ください
(空き枠が出た場合のみ、また告知して募集致します)
宜しくお願いします<(_ _)>

昨年も好評でした企画、タッパで作る「糠床作り」を今年も開催しますsunImg_2649_1

WS後半は米ぬかを使って簡単に体を温めるお手当てが出来る「温石法」をご紹介します

糠漬けを食べて腸を元気に、外から温石の熱を加えて更に腸を元気にして、身体の基礎作りにお役立て頂ければ幸いですhappy01

spade

先ずはチラシの内容を良くご覧ください
「2017.4.29WS nukatoko-demachi-usagi.pdf」をダウンロード

club

開催日時  5月20日(土曜日) 11時~13時

場所
    出町うさぎ (出町柳駅より東へ徒歩1分・鶏貴族の向かい

※WS終了後、出町うさぎさんでランチ(千円+税)を頂きたい方は事前にお申し出ください

予定行程
10分 説明

30分 ぬか床作り
20分 米ぬか温石の説明と準備
30分 米ぬか温石体験 (横になってリラックスして体験して頂きます)

10分 試食・質問・相談タイム

募集定員  8名

参加費   一人2,000円

(制作した1.4Lのぬか床タッパ、米糠の温石お手当てセットのお土産付)
※今回の収益のうち500円は6月4日に私が主催開催します「自然療法・五来純氏講演会」の運営基金に積立させて頂きます


持参物 
タオル1枚、ぬか床タッパの持ち帰り袋、筆記用具

diamond

 
【ワークショップへの参加登録方法】

当方からメールの返信が届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご協力下さい
メールのタイトルは
「 ●●より 5月20日 ぬか床作りWS・参加希望」 として送信して下さい
※〇〇の所には必ず皆さんのお名前を入れて下さい!

メール送信の際には
お名前(複数名の場合は全員の名前)、携帯の電話番号&メールアドレスを必ずお知らせ下さい
dangerもしメールを送信されて3日過ぎても返信が無い場合は、必ずお電話下さい

(原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性大です)


申込締切日 5月16日(火曜日)

heart

以上です

それではご参加のご検討、宜しくご検討下さいhappy01

2017年3月25日 (土)

<4/18&5/16共に満員御礼>HoneyAntさんで「野草エキス作り&野草温石お手当て体験」WS開催

新緑・新芽の季節に野草のエキスを作りましょう!
(水の煮出し液でも勿論効果が有りますが、ホワイトリカーに漬けて置いておくと、常備薬となり、また古くなればなるほど効能がUPします)
今回は、ビワ葉、スギナ、ヨモギ、ドクダミのエキスを作る予定です
Dscf9392
写真左からビワ、ヨモギ、スギナのエキスです

3/30の時点で新たに募集しました5/16開催分の申込みも定員4名に達しました!
故に、全ての受付を一旦終了させて頂きます
好評企画ですので、また時期を見て近いうちに開催をしたいと思います
今回ご参加頂けなかった方々、ゴメンナサイ<(_ _)>


また、これら野草の葉っぱを、足湯よりも簡単&効果がある手当てとして使える「温石法」を後半のお手当てタイムでは体感して頂きます
※今回は主催者が事前に採取した野草を使ってのエキス作り&お手当てとなります


spade


先ずはこちらのチラシをご覧頂いて、詳細を御確認下さい
「2017.4.18WS yasou-ekisu-HoneyAnt.pdf」をダウンロード
チラシは日程は4/18となっていますが、開催日のみ5/16に訂正して下さい

club


開催日
 5月16日(火曜日)午前10時~12時

定員 4名限定
※満員となった場合キャンセル待ちは受け付けません

(キャンセルが出た場合のみ再度募集の告知をします)


開催場所
  
HoneyAntさん (丸太町七本松交差点より北へ500m)
ワークショップ後にHoneyAntさんのランチ(千円)を希望される方は、事前にお申し出下さい
 
参加費    お一人 3,000円
(WSで制作した野草エキス小瓶4個と野草温石セットのお土産つき)
※参加費のうち500円を6月4日開催の「自然療法・五来純氏講演会」開催基金として積立させて頂きます

持参物
  
 タオル2~3枚、剪定ハサミ、小瓶の持ち帰り袋

行程  
15分(説明と下準備)    50分(野草エキス作り)
      40分(野草の温石法体験 )15分(野草エキスの味見と質疑応答)

diamond
【ワークショップへの参加登録方法】
当方からメールの返信が届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご協力下さい
メールのタイトルは
「●●より 5月16日 野草エキス作りWS・参加希望」 として送信して下さい

メール送信の際には
お名前(複数名の場合は全員の名前)、携帯の電話番号&メールアドレスを必ずお知らせ下さい
dangerもしメールを送信されて3日過ぎても返信が無い場合は、必ずお電話下さい
(原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いのでメール受信の設定を解除するなどしてみて下さい。  当院の電話番号はPDFチラシに記載してます)

申込締切日 5月13日(土曜日)

heart


以上です
それでは、ご参加のご検討、よろしくお願い致しますhappy01

2017年3月18日 (土)

五来純氏の地方講演会の情報(キャンセル待ち者減少のご協力のお願い)

6月4日に開催させて頂きます「自然療法・五来純氏講演会」ですが
キャンセル待ち扱い(別室の和室でのLIVE中継聴講でもOK)の方の受け付けも30名を超えましたので、キャンセル待ちの受付も4/5の時点で一旦は終了とさせて頂きました

4/22の大阪講演会の後、大量にキャンセルが出た場合のみ、再度キャンセル待ちを受け付ける予定ですので、その際はまたブログなどで告知させて頂きます
宜しくお願いします<(_ _)>

sun

出来るだけ多くの方に講演会を聴講して頂きたいのですが、やはり会場には定員がございますので、いかんともしがたいのが現状です

そこで!
既に予約を完了させた方に対して(また京都への講演会に来られない方)への私からの提案を1つさせて頂きます

私の主催する講演会では有りませんが、実は「五来純氏の講演会」は全国各地で開催されています
お子様連れでの参加を希望される場合は、私が今回主催する京都の講演会にご参加頂いた方が条件的にはベストだと思いますが、大人だけの方でご参加される場合は、他の会場での聴講でも十分にご満足いただけると思います
下記に3月~4月の講演会情報を列記しますので、もし皆さんがお住まいの近くで開催が有る場合は、そちらで聴講頂く事を一度ご検討下さい

その講演会で満足された場合は、京都の講演会の予約をキャンセルして頂いて、他の方に譲って下さい
勿論、その講演会が良かったのでもう一度聴講したい!と言う方は是非また京都の講演会にご参加下さい
もし京都会場のお席を譲って下さる事が可能であれば、19名の方の「キャンセル待ち」の数が減って、結果として多くの方に講演会を生で聞いて頂けることになるかなと思っております

因みに、どの講演会も「予約不要&参加費無料」です
4月14日(金)千葉県アミュゼ柏クリスタルホール 10~12時半
4月20日(木)※世田谷区成城ホール 13~16時
4月22日(土)大阪天満橋・エルおおさか南館5階 13~15時
5月18日(木)※世田谷区 成城ホール 13~16時
5月19日(金)金沢市教育プラザ富樫 10~12時
5月20日(土)福井市啓蒙公民館 13時半~15時半
5月23日(火)長野市県民文化会館・ホット文化ホール 10時~12時半

一般にはあまり知られていない講演会情報ですので、「拡散・宣伝」して頂いても結構です

※をした「成城ホール」で開催される講演会は、五来純氏が社長を務められる「あなたと健康社」が主催する「月例講座」と言われるもので毎月開催されています
何とこちらでは東城先生のお話が伺えます!
(参加・予約はこちらも無料ですが、あなたと健康社が出版している冊子の月刊誌の読者の方が一応は対象の講座です)
因みに私は6月4日の講演会の為の東城先生のコメントを頂く取材で、4月20日の月例講座に参加します

話を戻しますね

特に4月22日の大阪での講演会でも参加がOKと言う方は、こちらでの聴講への変更を一度ご検討下さい
もしこちらに参加された後に、「京都の講演会は他の方に譲ってもOKです」と言う方が居られましたら、随時当方へご連絡下さい
因みに現時点でのキャンセル待ちの方は、30代の女性&お子様連れのお母さん・・・が多くお待ち頂いております
今回の講演のコンセプトでもある「若い女性・今子育てをしている方」が一人でも多く、京都での講演会を聴講して頂きたいと思っておりますので、何卒ご協力をよろしくお願いします

club

引き続き、京都での「キャンセル待ち=和室でのLIVE聴講でもOK」と言う方の「キャンセル待ち予約」は受け付けておりますので、お気軽にお問合せ下さい
※こちらのキャンセル待ち申込みについては4/5の時点で、一旦は受付終了としておりますので、ご了承ください

主催者・小島のG-mailがメインの受付予約連絡先としております
kojima.chiro★gmailどっとコム

メールのタイトルを「〇〇より 6/4講演会キャンセル待ち希望」として頂いて
     <注意!> 〇〇には皆さんのお名前を入れて下さい!
1・お名前(フリガナ付で)
2・年齢(年代でOK)  ※複数名参加の場合は1と2を全員分お願いします
3・代表者の住所
4・電話番号
5・メールアドレスをお知らせください
(折り返し、当方より「キャンセル待ち受諾」の連絡を致します)

講演会チラシはコチラをご参照に
「2017.6.4 goraijun-kouen-4.pdf」をダウンロード

上記G-mailへの連絡が上手くいかない場合は
Facebookのイベントページをご覧頂いた後、ダイレクトメッセージを入れて下さい
https://www.facebook.com/events/266499023765405/

spade

以上、よろしくお願い致しますsun

2017年2月27日 (月)

3/25は旬彩いかわさんで「こんにゃく作り&こんにゃく湿布体験会」WS開催

4~5月はコンニャクを植えるシーズン(知らなかったでしょ!)
その前がコンニャクを食べるシーズンですので旬のコンニャクを頂きましょう!
勿論、コンニャクの正しいお手当ても覚えて頂いてホッコリしましょう!
Img_2717

先ずはワークショップの詳細をコチラのチラシでご確認ください
「2017.3.29konnyakuWS-ikawa.pdf」をダウンロード

良ければチラシをプリントして、沢山の方に宣伝して下さいねnote

diamond

開催日時
 3月29日(水)10時~13時   定員は・・・6名限定!

開催場所  旬彩いかわ
左京区一条寺野田町11清光ハウス1F

北大路白川通上ル2筋目(セブンイレブンとMcの交差点)を東・山側へ、1筋越えた右手

車でお越しの方は「白川北大路交差点西側(ユニクロ前)のコインパーキング」が最寄

バス利用の方は、地下鉄・
国際会館駅前より5・65番のバスで「一乗寺木本町」で下車

参加費  2,500円(食べる蒟蒻1丁、お手当て蒟蒻1丁のお土産付き)  ※参加費のうち500円を自然療法・五来純氏講演会(6/4)基金として積立させて頂きます

持参物  タオル3枚・持ち帰り蒟蒻用袋orタッパ2つ、500ml瓶1本
ゴム手袋・ゴムへら・おろし金(無い道具はお貸しします)

club
【ワークショップへの参加登録方法】
当方からメールの返信が届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご協力下さい

メールのタイトルを
「●●より 3月29日 こんにゃくWS 参加希望」として送信して下さい
※〇〇は皆さんのお名前ですよ!
メール送信の際には
お名前(複数の場合は全員の名前)、携帯の電話番号&メールアドレスをお知らせ下さい
dangerもしメールを送信されて3日過ぎても当方から返信が無い場合は、必ずお電話下さい
(原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いのでメール受信の設定を解除して下さい)

spade

以上です
それでは、参加のご検討、よろしくお願い致しますhappy01

 

2017年2月25日 (土)

【満員御礼】 2017年6月4日「自然療法・五来純氏講演会」 

12月7日付のブログで募集を開始しましたが、約3ヶ月経過しましたので、最新情報を更新した「改訂版」と言う事で改めて告知させて頂きます

danger3月10日でホールの定員300席が満席となりました
キャンセル待ち扱い(別室の和室でのLIVE中継聴講でもOK)の方の受け付けも30名を超えましたので、キャンセル待ちの受付も4/5の時点で一旦は終了とさせて頂きます
4/22の大阪講演会の後、大量にキャンセルが出た場合のみ、再度キャンセル待ちを受け付ける予定ですので、その際はまたブログなどで告知させて頂きます
宜しくお願いします<(_ _)>

sun

先ずは講演会募集のチラシをご覧下さい
「2017.6.4 goraijun-kouen-4.pdf」をダウンロード

spade 講演会の概要
club 講演会のスタッフ募集(若干名)について
heart 講演会への参加「予約方法」について
これらを下記に説明させて頂きます

今回の講演会のメインターゲットは「子育て中のお父さん&お母さん」です
正しい自然療法(食養やお手当て)の知識を知って心を込めて丁寧に実践して頂くことで、皆さんの家族・お子様が健やかに育つようになります。 また次の世代に恥ずかしくない日本を引き継ぐための「心身の根っこ作り」の実践の参考にして頂ければ幸いです

spade

講演会タイトル 「自然療法が人生を変える~自然の力とともに生きる~

講演者      あなたと健康社 代表取締役 五来純氏 (東城百合子氏のご長男)

開催日時    2017年6月4日(日曜日)13時半~16時

開催場所    ひとまち交流館京都・2階大会議室(300名収容)
※お子様連れの方は、ホール前方の出入りし易い「お母さん席」と、ホール後方ガラス張り席の「親子室」をご用意しておりますので、気兼ねなく子連れでご参加下さい
お子様がぐずってきた際には、ホール隣の和室(LIVE中継映像を流します)にて聴講して頂けるようにします

参加方法    入場無料ですが「事前予約優先制」とします
          受付にて、予約頂いたお名前の照合チェックをさせて頂きます
※ただし、開演10分前までにご来場頂けない場合は、予約優先を解除します!
遅刻されると「当日予約ナシ」で来場された方に席をお譲りして着席して頂く予定です
(予約方法については、下記heartに列記しますので、最後まで見て下さいね)

当日の予定
12時40分 開場   ※開演10分前より予約ナシの来場者の入場をして頂きます
13時30分 開演  開会の挨拶と注意点の説明
13時45分 五来純氏の講演(約90分)
15時15分 自然療法のお手当ての説明・砂浴の紹介(プロジェクター映像での説明)
東城百合子先生からのビデオメッセージが頂けた場合は、この時間に20分のビデオ上映をさせて頂きます
15時35分 質疑応答
15時55分 閉会の挨拶
16時     閉会

販売物について
会場のルールより当日の「自然療法・東城百合子」に関する書籍の販売は致しません
但し、開場に書籍見本を持参しますので、その書籍が欲しい方は「予約シート」に希望書籍のチェックをして頂いて、振込でゆうパック発送か、後日改めてワークショップご参加時に書籍をお渡しして販売する形にします
(書籍の直接の引き渡しは、私の院や協力店舗、各ワークショップ開催会場でのアフターケアのお話会などでお渡しする予定です)

club

講演会のボランティアスタッフの募集について

2/25時点ではボランティアスタッフは既に定員に達しております
但し、
①設営撤収の力仕事だけ手伝って下さる男性
②LIVE中継用に使っても良いノートパソコンを持参できる方(+パソコン設定に詳しい方)
③今後のワークショップやイベントなどに積極的に参加して頂ける20代30代の女性(そういう若い方に経験を積んで頂いて、今後の講演会のノウハウを伝えていきたく思います)

これらに該当する方は、若干名だけ、追加でスタッフを募集しております
どうしてもボランティアスタッフとして参加してみたい!と言う方は、主催者の小島宛に直接メールにてお知らせください
hiroba25★ホットメールどっとコム
事前に面談をさせて頂いて、採用の最終判断をさせて頂きます

件名の所は 「〇〇より 2017/6/4 ボランティアスタッフ参加希望」として頂いて
名前(フルネーム)、年齢(何歳代でOK)、ご住所、携帯の電話番号、携帯のメールアドレス・・・これらをお知らせください

折り返し(3日以内に)、当方よりご返信をさせて頂きます
※返信が無い場合は、メールが届いていないか、皆さんのメール設定が何らかの受信拒否設定になっているケースが多いので、その場合はお電話で一度ご連絡下さい
(電話番号は「こじまカイロ」のHPをご覧ください)

講演会中はスタッフの座席も用意させて頂きますので、ホール内での聴講は可能です
スタッフの拘束時間は午前10時~18時頃です
(17時からは反省会の時間ですので、時間が無い方は早退して下さってOKです)

heart

講演会の聴講希望「予約方法」について

予約方法は

1・主催者・小島のG-mail宛への連絡
kojima.chiro★gmailどっとコム
※ボランティアスタッフの申込み先や、通常のワークショップ申込みとは違うメールアドレスですので、お間違いの無いようにご注意を!

件名の所は 「〇〇より 2017/6/4 講演会参加希望」として下さい
※〇○より・・・と言う所には皆さんのお名前を入れて下さい
名前(フルネーム&振り仮名付で)、年齢(何歳代でOK)、ご住所、携帯の電話番号、携帯のメールアドレス
これらをお知らせください
同伴者が居られる場合は、名前と年齢は全員の情報を、ご住所以下の情報は代表者のみで結構です

小さなお子さんが居られる場合は「親子室希望」または「お母さん席希望」と明記してご連絡下さい
お子様連れでの聴講希望の方は、主催者の私とのメールのやりとりで色々と詳細を連絡をさせて頂きますので、必ず主催者の私宛にご予約下さい

2・Facebookでの「ダイレクトメッセージ機能」を使った申込み
※Facebookに当講演会のイベント欄を掲載しておりますが、そこの「参加予定」の箇所をクリック頂いただけでは予約にはなりませんので、必ず「ダイレクトメッセージ」で「1」と同じく参加の必要事項の登録をお願いします
「1」のG-mail宛へのメールのやりとりが上手くできない場合(皆さんの携帯で着信拒否設定がされているケース)のみ、この「2」の方法でご登録下さい

以上の方法から登録をお願いします

なお、講演会の参加人数を正確に把握をしたいので、事前に講演会に参加できない事が判った時点で必ずキャンセルの連絡を入れて下さい
出来るだけ一人でも多くの方に講演会にご参加頂きたいので、講演会に参加しないのにキャンセルをし忘れるという事の無いようにお願いします

diamond

以上です

それでは、参加登録のご連絡をお待ちしておりますhappy01

2017年2月24日 (金)

3/25は出町うさぎさんで「ヨモギ採取とお手当て体験会」WS開催

春が近づいてきましたのでヨモギ採取を取り入れたワークショップ開催します
ヨモギを河原で摘んで
Img_3172
ヨモギエキス作り、酵素ジュース作り、そしてヨモギを利用しながらの基本のお手当て「ビワ葉温灸・こんにゃく湿布・生姜湿布」を体験して頂きます
Img_4768
※生姜湿布は日常生活で実践し易い小島流のアレンジ版をご紹介します

spade

先ずはチラシをご覧ください
「2017.3.25 yomogi oteate-usagi.pdf」をダウンロード

club

以下、開催概要です

開催日時  3月25日(土曜日) 10時~13時

場所
    出町うさぎ (出町柳駅より東へ徒歩1分・鶏貴族前

※WS終了後、出町うさぎさんでランチ(千円+税)を頂きたい方は事前にお申し出ください

予定行程
40分 よもぎ採取

30分 よもぎエキス作り、よもぎの酵素ジュース作り
30分 ビワ葉温灸体験
30分 生姜湿布(アレンジ版)体験 ※ここでもヨモギを使います

40分 こんにゃく湿布体験
10分 まとめのお話、質疑応答

募集定員  8名

参加費   一人3,000円

※今回の収益のうち500円は6月4日に私が主催開催します「自然療法・五来純氏講演会」の運営基金に積立させて頂きます

持参物 
タオル3枚、蒟蒻・棒温灸等の持ち帰り袋(3枚)、500mlペットボトル1本、筆記用具(ヨモギエキスとヨモギ酵素ジュースの小さいガラス瓶もお持ち帰り頂く準備も!)

club

【ワークショップへの参加登録方法】
当方からメールの返信が届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご協力下さい
メールのタイトルは
「 ●●より 3月25日 よもぎとお手当てWS・参加希望」 として送信して下さい

メール送信の際には
お名前(複数名の場合は全員の名前)、携帯の電話番号&メールアドレスを必ずお知らせ下さい
dangerもしメールを送信されて3日過ぎても返信が無い場合は、必ずお電話下さい

(原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性大です)


申込締切 3月21日(火曜日)

以上です

spade


今回のWSをきっかけに、自然療法に興味を持って頂き、講演会にも是非参加して頂ければ幸いです
講演会の情報はコチラのブログ を!
それでは宜しくご検討下さいませhappy01


2017年2月22日 (水)

3/21はHoneyAntさんで「足半(あしなか)制作教室」WS開催

足半(あしなか)制作教室、開催します!
Img_1504

上記写真の足半は販売用ですので、手が込んでますが
編む生地をTシャツにし、鼻緒を簡易版(下記写真)にする事によって
頑張れば・・・3時間で両足の足半が完成します!
Img_5434
日常生活で足半を履くようになれば、姿勢も体も心も変わりますよ!

spade


先ずはこちらのチラシをご覧ください
(足半につての詳しい説明も書いてますよ)
「2017.3.21 ashinaka WS-HoneyAnt.pdf」をダウンロード


club


開催日
 3月21日(火曜日)午前10時~13時

定員 4名限定
※満員となった場合キャンセル待ちは受け付けません

(キャンセルが出た場合のみ再度募集の告知をします)


開催場所
  
HoneyAntさん (丸太町七本松交差点より北へ500m)
ワークショップ後にHoneyAntさんのランチ(千円)を希望される方は、事前にお申し出下さい
 
参加費    お一人 2,500円
(各自で制作した足半はお持ち帰り頂きます)
※参加費のうち500円を6月4日開催の「自然療法・五来純氏講演会」開催基金として積立させて頂きます
持参物   古いTシャツ2~3枚(無い場合は1M程度の幅の布)、絶ちばさみ

行程

 20分 足半の歴史・効果の説明

100分 足半制作体験
 30分 復習と自主練習 +掃除と質疑応答
 

club

【ワークショップへの参加登録方法】
当方からメールの返信が届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご協力下さい
メールのタイトルは
「●●より 3月21日 あしなか制作WS・参加希望」 として送信して下さい

メール送信の際には
お名前(複数名の場合は全員の名前)、携帯の電話番号&メールアドレスを必ずお知らせ下さい
dangerもしメールを送信されて3日過ぎても返信が無い場合は、必ずお電話下さい
(原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いのでメール受信の設定を解除するなどしてみて下さい。  当院の電話番号はチラシ の一番下に記載してます)

spade

以上です
それでは、ご参加のご検討、よろしくお願い致しますhappy01

2017年1月26日 (木)

2/25は麦味噌仕込みワークショップ@出町うさぎ

今回は夏に食べるお味噌、「麦味噌」を仕込みます!
Img_0154    

詳細は・・・コチラのPDFからチラシをプリントしてね!
「2017.2.25 mugimiso.pdf」をダウンロード

club

以下、開催概要です

開催日時  2月25日(土曜日) 10時半~12時半

場所
    出町うさぎ (出町柳駅より東へ徒歩1分・鶏貴族前

※WS終了後、出町うさぎさんでランチ(千円+税)を頂きたい方は事前にお申し出ください

予定行程
10時半~
  ・美味しい味噌作りの大切なポイント説明
  ・大豆の下準備、煮方の説明、大豆の煮上り状態の確認
  ・塩切麹作り(麹と塩を混ぜる)
  ・大豆を潰す
  ・塩切麹と大豆を混ぜる
  ・樽への仕込み
  ・酒粕を使った密封と重し乗せ
  ・
後片付け
11時半~
  ・お味噌を使ったお手当「味噌温湿布」の体験会

12時~
  ・質疑応答タイム(手作り味噌の味見なども行う予定)


完成味噌重量 約3キロ(一人1日味噌汁1杯で約半年分

募集定員  6名(6樽分)

参加費   一人4,000円
※家族で1樽のみ仕込む場合は、一人追加参加毎に1000円をお願いします
(小学生以下は無料)
※参加費は当日に徴収します
※大豆・麹・塩の原材料のみの注文(WS当日の持ち帰り)も承りますので、ご相談下さい

持参物
 ~作業に必要な物~
<味噌の材料や味噌樽は主催者側で全て用意します>
容器や作業台、手を拭く用のタオル 2~3枚
ビールかワインの瓶(瓶の底面を使って大豆を潰しますので底が平らな720m程度の瓶)
ゴムへら(樽や瓶についた大豆を剥がすのに便利)
味噌樽を持ち帰る手提げ袋(樽は自転車カゴに乗ります)
※もし瓶やヘラがもし無ければ結構です
筆記用具

【ワークショップへの参加登録方法】
当方からメールの返信が届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご協力下さい
メールのタイトルは
「 ●●より 2月25日 麦みそWS・参加希望」 として送信して下さい

メール送信の際には
お名前(複数名の場合は全員の名前)、携帯の電話番号&メールアドレスを必ずお知らせ下さい
dangerもしメールを送信されて3日過ぎても返信が無い場合は、必ずお電話下さい

(原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性大です)


申込締切 2月15日(水曜日)
※材料発注があるので10日前の締切とさせて頂きます

以上です

spade

今回の収益のうち500円は6月に私が主催開催します「自然療法・五来純氏講演会」の運営基金に積立させて頂きます
今回の味噌仕込みをきっかけに、自然療法に興味を持って頂き、講演会にも是非参加して頂ければ幸いです

それでは宜しくご検討下さいませhappy01

2017年1月21日 (土)

2/21のWSはHoneyAntさんで「基本のお手当て色々体験会」

2月のHoneyAntさんでのワークショップの募集要項です
※1月末の時点で「満員御礼」となりましたが・・・要交渉で1名程度ならご参加できますので、先ずはお問い合わせください

diamond

今回体験して頂くワークショップは・・・
自然療法のお手当の王道の「コンニャク湿布・
枇杷葉温灸・生姜湿布」の3つです
Img_5109

知ってはいても、やった事が無い方が多いハズ!
またやった事はあっても、我流でテキトーにしている方も多いハズ!!
なので、この際に「正しい=気持ちが良いお手当ての基本」を覚えて下さいねgood
(写真は前回WSの蒟蒻湿布の様子です)
Img_5180

時間があれば、おまけで「薬草の足湯」まで体験して頂く予定です
(生姜の汁や蒟蒻の汁も入るので、色々な効果が有るハズです)

そんな、お手当て三昧の贅沢なワークショップです

heart

先ずはチラシをダウンロードして、良~く熟読して下さいhappy02

「2017.2.21 oteate-WS.pdf」をダウンロード

diamond

 

開催日 2月21日(火曜日)午前10時~12時半

定員 4名限定
※満員となった場合キャンセル待ちは受け付けません

(キャンセルが出た場合のみ再度募集の告知をします)


開催場所
  
HoneyAntさん (丸太町七本松交差点より北へ500m)
ワークショップ後にHoneyAntさんのランチ(千円)を希望される方は、事前にお申し出下さい
 
参加費    お一人 3,000円
(お手当てに使った「コンニャク・棒温灸・温石」などのお土産付き)
※参加費のうち500円を6月4日開催の「自然療法・五来純氏講演会」開催基金として積立させて頂きます
持参物   タオル3枚、コンニャクや棒温灸用の持ち帰り用の袋4~5枚
※コンニャクの汁を持ち帰る為のペットボトル1本も出来ればご持参下さい

行程

10分 今日の全体の流れの説明と各お手当の下準備

30分 枇杷葉温灸 の説明と体験
40分 こんにゃく湿布 の説明と体験
50分 生姜湿布 の説明と体験  通常版と小島式改良版の2つを体験比較
20分 薬草の足湯体験 ・・・をしながら、質疑応答


※各お手当の進み具合や準備の段取りの都合上、WSの終了時間が延びたり、体験時間が短くなるお手当が出てくる可能性…などがある事を事前にご了承ください 

club


【ワークショップへの参加登録方法】
当方からメールの返信が届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご協力下さい
メールのタイトルは
「●●より 2月21日 基本のお手当てWS・参加希望」 として送信して下さい

メール送信の際には
お名前(複数名の場合は全員の名前)、携帯の電話番号&メールアドレスを必ずお知らせ下さい
dangerもしメールを送信されて3日過ぎても返信が無い場合は、必ずお電話下さい
(原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いのでメール受信の設定を解除するなどしてみて下さい。  当院の電話番号はチラシ「2017.2.21 oteate-WS.pdf」をダウンロード の一番下に記載してます)

spade

以上です
それでは、ご参加のご検討、よろしくお願い致しますhappy01

2017年1月 6日 (金)

新春WS第3弾は2/5「手作り味噌仕込み」@旬彩いかわ

味噌仕込みの季節がやってまいりましたsnow
Img_5168

一人ではなかなか味噌仕込みをするのが腰が重いという方には是非今回の機会にご参加頂いて、一緒に味噌を仕込みましょうgood
Img_5175

WSの最後には味噌を使った珍しいお手当て「味噌湿布」も体験して頂きます
(便秘の方は特にお勧めです!)

diamond

先ずは詳細をコチラのチラシでご確認ください
「2017.2.5 MISO-WS-ikawa.pdf」をダウンロード

良ければチラシをプリントして、沢山の方に宣伝して下さいねnote

diamond

開催日時 2月5日(日)10半~12時半

開催場所  旬彩いかわ
左京区一条寺野田町11清光ハウス1F

北大路白川通上ル2筋目(セブンイレブンとMcの交差点)を東・山側へ、1筋越えた右手

車でお越しの方は「白川北大路交差点西側(ユニクロ前)のコインパーキング」が最寄

バス利用の方は、地下鉄・
国際会館駅前より5・65番のバスで「一乗寺木本町」で下車

参加費    お一人 4,000円
(仕込んだ味噌約3.2Kの樽をお持ち帰り頂きます)
※参加費のうち500円を6/4開催の「自然療法・五来純氏講演会」の開催基金として積立させて頂きます

持参物  タオル2枚、底が平らなワイン瓶(豆潰し用)、ゴムヘラ、樽の持ち帰り用の袋、筆記用具
上記の持参物は全て持っていればで結構です(無い場合は事前にお知らせください)

当日の行程
30分 今日の作業の説明と準備作業
60分 手作り味噌仕込み
30分 お味噌のお手当て、質問・相談タイム 

club

【ワークショップへの参加登録方法】
当方からメールの返信が届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご協力下さい

メールのタイトルを
「●●より  2月5日 みそ仕込みWS・参加希望」として送信して下さい
メール送信の際には
お名前(複数の場合は全員の名前)、携帯の電話番号&メールアドレスをお知らせ下さい

dangerもしメールを送信されて3日過ぎても当方から返信が無い場合は、必ずお電話下さい
(原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いのでメール受信の設定を解除して下さい)

spade

以上です
それでは、参加のご検討、よろしくお願い致しますhappy01

2016年12月23日 (金)

2017/1/28「玄米スープ作り&米ぬかお手当て体験」WS@出町うさぎ

新春第2弾のワークショップは
自然療法の食の基本である「玄米スープ作り」体験です
Img_4889
食欲がなくなった病人の方でも
これなら体が受けつけて食べられると言う不思議な「玄米スープ」
弱った体に芯からじわ~っと沁み入る「玄米スープ」を
じっくりと丁寧に、一から一緒に作ってみませんか?

spade

詳細のチラシはこちらをプリントして下さい
「2017.1.28WS genmai-soup.pdf」をダウンロード

diamond

開催日時  1月28日(土曜日) 10時~12時半

開催場所  出町うさぎ (出町柳駅より東へ徒歩1分・鶏貴族の前)

参加費    2,000円 (作った「炒り玄米」のお土産付き)
参加費の一部を6/4自然療法講演会の開催基金として積み立てします
※ワークショップ後に出町うさぎさんのランチ(1,080円)を食べられる方は、希望総数を把握したいので出来れば事前にご連絡下さい

持参物   炒り玄米(1合分)の持ち帰り用瓶か袋、タオル1枚(お手当て用)、筆記用具

募集定員  8名のみ です

当日の流れ
10分 説明と準備
40分 炒り玄米の作業 (玄米を炒りながら健康指導・相談タイム)
70分 玄米スープ作り
     平行して「米ぬかを」を使った2種のお手当て体験
30分 後片付け・試食・質問・相談タイム    ~以上で約2時間半

club

【ワークショップへの参加登録方法】

当方からメールの返信が皆さんに届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご理解&ご協力下さい
メールのタイトルを
「●●より 1月28日 玄米スープWS 参加希望」として当方に送信して下さい
メール送信の際には
お名前(複数名の場合は全員の名前)、携帯の電話番号&メールアドレスをお知らせ下さい
※もしメール送信されて3日過ぎても返信が無い場合は、必ずお電話で問い合わせ下さい
(当方からは皆様からメールを頂いた翌日中には、ほぼ全てメールを返信しております。 連絡が無いからと一方的に受付を締め切られた=キャンセルされたとは思わないでください!
当方からのメールの返信が届かない原因としては、皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いと思われます(特に携帯電話の方!)。
定員に達した後でも当方からは必ず返信を入れてお知らせをしますので、メールが届かない場合は、皆さんのメールの設定が何かおかしい・・・と思って、色々とメールの設定変更をしつつ、お電話で必ずお問い合わせ下さい)

heart

以上です
玄米スープ作りは玄米を炒る作業が面倒とも言えますが・・・
Img_4741
実はこの時間が「何も考えずに自分とじっくりと向き合う」
・・・と言う貴重な時間でもありますので

そんな時間を過ごしつつ
お手当てで更に体をほっこりさせてあげて下さいねcatface

皆様からのご参加のご連絡をお待ちしておりますhappy01

2016年12月19日 (月)

2017年初WSは…1/17にコンニャク作りとコンニャク湿布@HoneyAnt

新春第1弾のワークショップは好評企画の
「コンニャク作りとコンニャク湿布」体験にしました
942237_n
冬の寒さを手作りコンニャクで、芯から温めて下さいね

diamond

詳細のチラシを先ずはご一読下さい
「2017.1.17WS konnyaku.pdf」をダウンロード

club

開催日時  1月17日(火曜日) 10時~13時
開催場所  HoneyAntさん (丸太町七本松交差点より北へ500m)
参加費    2,000円
※ワークショップ後にHoneyAntさんのランチを希望の場合はプラス千円ですので、申し込み時にご連絡下さい
持参物  
 ジップロックかタッパ2つ(コンニャク用)、500mlペットボトル1本(コンニャク汁用)、タオル3枚(コンニャク湿布用)
コンニャク作りに・・・ゴム手袋(必須)、おろし金(できるだけ)、ゴムへら(無ければOK)、筆記用具

募集定員  5名のみ です
※開催会場側からのリクエストが有って今回は開催しましたので、既に2席が埋まってます。ゆえに参加のご連絡はお早めに!

spade

【ワークショップへの参加登録方法】
当方からメールの返信が皆さんに届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご理解&ご協力下さい
メールのタイトルを
「●●より 1月17日 こんにゃくWS 参加希望」として当方に送信して下さい
メール送信の際には
お名前(複数名の場合は全員の名前)、携帯の電話番号&メールアドレスをお知らせ下さい
※もしメールを送信されて3日過ぎても返信が無い場合は、必ずお電話で問い合わせ下さい
(当方からは皆様からメールを頂いた翌日中には、ほぼ全てメールを返信しております。 連絡が無いからと一方的に受付を締め切られた=キャンセルされたとは思わないでください!
当方からのメールの返信が届かない原因としては、皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いと思われます。
定員に達した後でも当方からは必ず返信を入れてお知らせをしますので、メールが届かない場合は、皆さんのメールの設定が何かおかしい・・・と思って、色々とメールの設定変更をしつつ、お電話で必ずお問い合わせ下さい)

以上、よろしくお願いしますhappy01

2016年12月 7日 (水)

2017年6月4日(日)自然療法・五来純氏講演会 正式決定!

来年の6月に企画しておりました、講演会の日程と場所が正式決定しましたfuji

取り急ぎのラフの講演会募集のチラシを作成しましたのでご覧下さい
「2017.6.4 goraijun-kouen-3.pdf」をダウンロード
<2017/1/24付で、内容を少しだけ改訂したチラシに差し替えました>
※また正式なカラーの配布用チラシは作成でき次第、公開しますので、暫くはこちらのチラシでご勘弁下さい

spade 講演会の概要
club 講演会のスタッフ募集について
heart 講演会への参加「予約方法」について
これらを下記に説明させて頂きます

今回の講演会は「東城百合子講演会」と言う形は実現しませんでしたが(東城先生が11月に講演会引退宣言をされましたので)、東城先生のご子息である五来純氏の判り易いお話で「自然療法」を身近に感じて頂けることになるかと思います。
また現在、東城先生からのビデオメッセージを頂けるように交渉中ですので、当日は東城先生のお顔を見ながら肉声での「東城先生が今伝えたいこと」を直接伺えるようにしたいと思っております。

また、今回の講演会のメインターゲットは「子育て中のお父さん&お母さん」です
正しい自然療法の知識を知って実践して、皆さんのお子様が健やかに育つように、また次の世代に恥ずかしくない日本を引き継ぐための「心身の根っこ作り」の参考にして頂ければ幸いです

spade

講演会タイトル 「自然療法が人生を変える~自然の力とともに生きる~

講演者      あなたと健康社 代表取締役 五来純氏

開催日時    2017年6月4日(日曜日)13時半~16時

開催場所    ひとまち交流館京都・2階大会議室(300名収容)
※お子様連れの方は、親子室(ホール後方、要事前予約)か和室(LIVE中継映像)にて聴講して頂けるようにする予定です

参加方法    入場無料ですが「事前予約優先制」とします
          受付にて、予約頂いたお名前の照合チェックをさせて頂きます
※ただし、開演10分前までにご来場頂けない場合は、予約優先を解除します!
今回の講演会のポイントはここです!
真剣に聴講したい方に座席の心配をすることなくご聴講頂きたいので、開催1カ月前までは予約制とし、残った席については「当日予約ナシ入場」の枠とします
(予約方法については、下記heartに列記しますので、最後まで見て下さいね)

当日の予定
12時40分 開場   ※開演10分前より予約ナシの来場者の入場をして頂きます
13時30分 開演  開会の挨拶と注意点の説明
13時45分 五来純氏の講演(約90分)
15時15分 自然療法のお手当ての説明・砂浴の紹介(プロジェクター映像での説明)
東城百合子先生からのビデオメッセージが頂けた場合は、この時間に20分のビデオ上映をさせて頂きます
15時35分 質疑応答
15時55分 閉会の挨拶
16時     閉会

販売物について
会場のルールより当日の「自然療法・東城百合子」に関する書籍の販売は致しません
但し、開場に書籍見本を持参しますので、その書籍が欲しい方は「予約シート」に希望書籍のチェックをして頂いて、後日改めて書籍をお渡しして販売する形にします
(書籍の引き渡しは、私の院や協力店舗、各ワークショップ開催会場、そして「ひとまち交流館」で開催後に数回行う、アフターケアのお話会などでお渡しする予定ですので、引取り場所を事前に皆さんが☑する形でお知らせ頂くようにします)

club

講演会のボランティアスタッフの募集について

講演会ではスムーズな運営の為に、約25名程度のボランティアスタッフを必要とします
当日は「お弁当代500円」を自らお支払頂いて、無償でイベントに参加して頂く事になります
講演会中はスタッフの座席も用意させて頂きますので、ホール内での聴講は可能です

スタッフの拘束時間は午前10時~18時頃です
(17時からは反省会の時間ですので、時間が無い方は早退して下さってOKです)

ボランティアスタッフとして協力してみたい!と言う方は、主催者の小島宛に直接メールにてお知らせください
hiroba25★ホットメールどっとコム
件名の所は 「〇〇より 2017/6/4 ボランティアスタッフ参加希望」として頂いて
名前(フルネーム)、年齢(何歳代でOK)、ご住所、携帯の電話番号、携帯のメールアドレス
これらをお知らせください
折り返し(3日以内に)、当方よりご返信をさせて頂きます
※返信が無い場合は、メールが届いていないか、皆さんのメール設定が何らかの受信拒否設定になっているケースが多いので、その場合はお電話で一度ご連絡下さい
(電話番号は「こじまカイロ」のHPをご覧ください)

講演会の趣旨と同じく、ボランティアスタッフも20代30代の若い方々にお手伝いを頂けると嬉しく思いますhappy01

heart

講演会の聴講希望「予約方法」について

講演会の開催1カ月前(4月末)まで聴講希望の予約を受け付けします
※席の確保は「講演会開始10分前」までとしますので、その時間を過ぎた場合は当日に予約ナシで来場された方に席を譲渡する形となりますので、くれぐれも予約をされた方は「遅刻」だけはしないようにお気を付け下さい

予約方法は3つです

1・主催者の小島のホットメール宛への連絡
kojima.chiro★gmailどっとコム
※ボランティアスタッフの申込み先や、通常のワークショップ申込みとは違うメールアドレスですので、お間違いの無いようにご注意を!

件名の所は 「〇〇より 2017/6/4 講演会参加希望」として頂いて
名前(フルネーム&振り仮名付で)、年齢(何歳代でOK)、ご住所、携帯の電話番号、携帯のメールアドレス
これらをお知らせください
同伴者が居られる場合は、名前と年齢は全員の情報を、ご住所以下の情報は代表者のみで結構です
小さなお子さんが居られる場合は「親子室希望」または「お母さん席希望」と明記してご連絡下さい
※「親子室」はホール後方のガラス張り席(5組)、「お母さん席」はホールの入口近くの通路に面した出入りのし易い&ベビーカーも置けるエリア(約50席)です
これらの席希望が定員に達した場合や聴講中にお子さんがぐずってきた場合は、和室(20畳)でのLIVE中継の映像でご聴講下さい
(お子様連れでの聴講希望の方は、主催者の私とのメールのやりとりで色々と相談・連絡をさせて頂きますので、必ず主催者の私宛にご予約下さい)
※「和室」と同様にお子様連れで利用が出来る、館の一階の「児童室」(20組)もご利用頂けるようにしました(こちらでもモニターによるLIVE聴講が可能です)

2・Facebookでの「ダイレクトメッセージ機能」を使った申込み
※Facebookに当講演会のイベント欄を掲載しておりますが、そこの「参加予定」の箇所をクリック頂いただけでは予約にはなりませんので、必ず「ダイレクトメッセージ」で「1」と同じく参加の必要事項の登録をお願いします
「1」のG-mail宛へのメールのやりとりが上手くできない場合(皆さんの携帯で着信拒否設定がされているケース)のみ、この「2」の方法でご登録下さい

3・ボランティアスタッフに対しての直接の申込み
スタッフには「申込用紙」を事前にお渡ししますので、その用紙に必要事項を記入して頂いて、登録を完了させて下さい(記載頂く内容は「1」と同じです)

以上の方法から登録をお願いします

なお、講演会の参加人数を確実に把握をしたいので、事前に講演会に参加できない事が判った時点で必ずキャンセルの連絡を入れて下さい

diamond

以上です
また、講演会についての募集内容や開催要項、チラシなどが変更になりましたら、その都度このブログは新しいものに更新してお知らせするようにしたいと思っております

それでは、スタッフ参加&聴講参加ともども、よろしくお願い致しますgood

2016年11月21日 (月)

12月のWSはコレ1回! 基本のお手当て色々体験 In旬彩いかわ

12月は何かとせわしないので・・・私の主催しますワークショップはこの1回のみですsign01
このお手当て体験で、心身をきちんとリセットし、気持ちの良い新年を迎えて下さいfuji

diamond

今回体験して頂くお手当ては・・・
自然療法のお手当の王道、「コンニャク湿布・
枇杷葉温灸・生姜湿布」の3つです
知ってはいても、やった事は未だ無かったり
やった事はあっても、我流で「コレ本当に正しいの?」と思いながらしている方も多いハズ
なので、この際に「正しい=気持ちが良いお手当ての基本」を覚えて下さいねgood
Img_4768
時間があれば、
おまけで「薬草の足湯」まで体験して頂ければな~と
Img_3364

そんな、お手当三昧の贅沢なワークショップです

heart

先ずはチラシをダウンロードして、良~く熟読して下さいhappy02

「2016.12.18 WS oteate.pdf」をダウンロード

diamond

開催日 12月18日(日曜日)午前10時~12時半

定員 8名限定

※満員となった場合キャンセル待ちは受け付けません
(キャンセルが出た場合のみ再度募集告知を致します)

開催場所
  旬彩いかわ
左京区一条寺野田町11清光ハウス1F
北大路白川通上ル2筋目、Mcの交差点を東・山側へ、1筋越えた右手
 
参加費    お一人 2,500円
(お手当てに使った「コンニャク・棒温灸・温石」などのお土産付き)
※参加費のうち500円を2017年自然療法(東城百合子)京都講演会開催基金として積立させて頂きます

持参物   タオル3枚、コンニャクや棒温灸用の持ち帰り用の袋4~5枚
※コンニャクは汁漏れしないタッパやジップロックの持参をお勧めします


行程

10分 今日の全体の流れの説明と各お手当の下準備

30分 枇杷葉温灸 の説明と体験
40分 こんにゃく湿布 の説明と体験
50分 生姜湿布 の説明と体験  通常版と小島式改良版の2つを体験比較
20分 薬草の足湯体験 ・・・をしながら、質疑応答


※各お手当の進み具合や準備の段取りの都合上、WSの終了時間が延びたり、体験時間が短くなるお手当が出てくる可能性…などがある事を事前にご了承ください 

club


【ワークショップへの参加登録方法】
当方からメールの返信が届いた時点で初めて「正式参加登録」となります
お手数をおかけしますが、宜しくご協力下さい
メールのタイトルは
「●●より 12月18日 基本のお手当てWS・参加希望」 として送信して下さい

メール送信の際には
お名前(複数名の場合は全員の名前)、携帯の電話番号&メールアドレスを必ずお知らせ下さい
dangerもしメールを送信されて3日過ぎても返信が無い場合は、必ずお電話下さい
(原因としては皆さんのメール設定でホットメールを受信拒否設定している可能性が高いのでメール受信の設定を解除するなどしてみて下さい。  当院の電話番号はチラシ「2016.12.18 WS oteate.pdf」をダウンロード の一番下に記載してます)

spade

以上です
それでは、ご参加のご検討、よろしくお願い致しますhappy01

«秋のWS第6弾は…11/30出町うさぎde「生芋からこんにゃく作り&こんにゃく湿布体験会」